結婚相談所のメリット・デメリット。活動費用・成婚料は、実は安い?!

29歳~32歳
スポンサーリンク

前回の続きです。

前回の記事はこちら→私が入会していた結婚相談所は「地域密着型の相談所」!活動方法を公開します

お見合いは結婚相談所内で行います

お見合いを申し込んで(申し込まれて)、お互いに会ってみたいとなれば、いよいよお見合いです。

お見合い場所は基本的に、結婚相談所内で行われます。申し込んだ人が、お相手の相談所に行ってお見合いをすることになっています。

 

また例に出しますと、私が佐藤さん(仮名)に申し込まれて、お見合いをするとしますね。

あ県 A店 B店
い県 C店 D店
う県 E店 F店

私が「あ県A店」に登録してて、佐藤さんが「う県E店」に登録してたとします。

この場合、佐藤さんが私のいる「あ県A店」に来てお見合いをします。

 

逆に私が佐藤さんに申し込んで、OKをもらってお見合いをするとなれば、今度は私が「う県E店」に行ってお見合いをすることになります。

ただ、男性によっては「女性に負担をかけるのは申し訳ないので、自分が女性のもとへ行きますよ」という人もいて、そういうときは私が申し込んだにも関わらず、こちらに来てもらってお見合いをすることもありますね。

 

私が実際に活動していた時は、同じ店舗同士(あ県A店)の会員さんとお見合いが多かったです。たまに自分が登録している店舗外の人ともお見合いをすることもありましたけどね。

なんだかんだで男女共に、自分が登録している店舗の異性を求めていたんじゃないのかな。だってその方がお互いの住まいが近いわけですしね。

 

 

そしてお見合いの時間ですが、約1時間~1時間30分ほどお相手とお話しします。

相談所内の個室で2人で話をして、時間になったらカウンセラーさんが終了の声をかけてくれます。そこでお見合い終了。

その後は解散となり、お見合い当日中に担当のカウンセラーさんに返事をします。

そこでお互いにもっと会ってみたいとなれば交際成立、ってなわけです。そんな簡単には成立はしないんですけどねw

 

地域密着型のメリット

さて、今度は実際に結婚相談所に入会して、活動してよかったなと思う点を3つご紹介します。

自宅が近いから会いやすい

入会されている人は相談所近辺に住んでいる人が多いため、お互いの自宅が近いことが多かったですね。なのでデートするときは、待ち合わせ場所を決めやすかったです。お互い地理はよくわかっていますから。

ちなみに本交際に入るまでは、自宅の住所は教えません。お見合いの時点で、住まいが○○市というのはわかりますが、それ以上のことは聞いてはいけないんですよね。まぁ、○○の近くに住んでいる、くらいのことは言っちゃいますけどね。

共通の話題がある

これも自宅が近いことが関係しますが、お互いに近いところに住んでいるので、地元あるあるネタ的な話題があるんですよね。

「あそこのハンバーグおいしいですよね!」とか「あの観光名所は絶景ですよね!」など、話題に困ったときは地元ネタで乗り切ったことがあります。

仕事を辞めなくていい

結婚後のことになりますが、女性は男性の住まいや仕事に合わせないといけないことが多いですよね。一般的に女性は男性の職場近くに住むことになり、となると、今度は女性が自分の職場まで通えなくなる、ということが発生すると思います。

このご時世、共働き必須の時代に、長年勤めた会社を辞めて再就職するなんて、かなりキツイw

その点、自宅が近い男性と結婚すれば、お互いに通えるところに自宅を構え、仕事を辞めることなく続けることができます。

 

地域密着型のデメリット

地域密着とは関係ないかもしれませんが、私が感じたデメリット2つです。

実家暮らしの男性が多い

相談所でお見合いした男性の大半が、実家暮らしでした。田舎ではよくあることですけどね。

ただ、一人暮らしをしている女性から見たら「実家暮らしの男性はちょっと・・」って思うとろこがありますよね。現に私もずっと一人暮らしをしていて、お見合いで「家事は全部お母さんがやっている」って聞くと、ゲ、、って思いますもん。

親と同居の可能性が高い

実家暮らしの男性と結婚すれば、必然的に同居となります。もちろん結婚してすぐではないですが、たとえば10年20年経って、親が年老いたときには、同居をせざる得ないです。

てかコレって、地元型じゃなくても、長男(跡継ぎ)と結婚した場合、どこに住んでいても同居の可能性はありますよね。。

 

結婚相談所での活動費用は、実は安い?

ここまでいろいろ書いてきましたが、当時の私は相談所のシステムに特に不満を感じることはありませんでした。

それよりも、一日でも早く運命の人と出会って結婚したい想いが強かったですからね。(今も強いですけど)

 

日常生活ではなかなか独身男性と知り合う機会はありません。

ですが結婚相談所に行けば、たくさんの男性と知り合うことができます。

そのためには多少の費用は必要で、でもお金を出せば独身男性と知り合えて、結婚までできる!と思うと、多少の出費は仕方ないと考えるようにしていました。(ですがやっぱりお見合い1件5千円は痛かったですけど。。)

 

今振り返って思うことは、ここで結婚できていれば、安上がりだったな、ってことです。

だってこの先何年も婚活を続けていて、さらに出費がかさみましたもん。

成婚料20万円(活動費総額30万円)でその後幸せに暮らせるなら、どんなにラクだったことか・・と思ってしまいます。

 

成婚料20万支払って幸せな生活
Or
10年間婚活をし続けて苦しむ

 

どっちがいいかって問われたら・・即答ですよね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました