料理ができる雰囲気を出せばOK!実際の腕前より、雰囲気が大事です

ここから「料理コン」という、未知の世界へ突入します(おおげさ)

いざ、料理コンへ!

料理コン当日、エプロンを持参して会場に入ります。

会場は、とあるビルの一室だったんですけどね。

まぁ場所なんてどうでもいい、だってどこへ行ってもやることは「婚活」ですから。

 

 

部屋に入ると大きなテーブルが2つドンと置かれていて、その上にはこれから使う食材や、鍋やフライパン、包丁や食器などが並べられていました。

 

もう1つ大きなテーブルがあって、その上にはなにも置かれていません。

このテーブルは、最初の顔合わせ(自己紹介)や、食事をするために使われるものです。

 

私が部屋に入って受付を済ませ、最初に座らされたのがこのなにも置かれていないテーブルでしたからね。

 

 

 

この時は男女6:6で、合計12名での料理コンでした。

街コンや婚活パーティーに比べると、出会える男性の数は少ないですけど、

その分1人の男性と長く話ができるので、親密さは増しそうです。

 

 

パーティーだと1人の男性と3分しか話せないのに対し、今回の料理コンは1人10分くらい話せます。

てことは、カップル率も上がりそう、、って、いや違う。

 

この料理コンも、連絡先交換は自由なんです。

なのでカップリングはせず、その代り自由に連絡先を交換してください、ってシステムになってます。

 

料理コンの流れ

ここで簡単に料理コンの流れを説明しますね。

  1. 自己紹介をする
  2. 男女ペアになって調理をする
  3. 出来上がった料理を食べる
  4. フリータイム(連絡先など交換する

 

1人10分ほどペアになって調理をします。

時間になったら男性が移動して、次の人と喋ります。

 

あと料理方法ですが、1人1つ作るのではなくて、分担して作るんですよ。

 

たとえば今回ふわとろオムライスを作ったんですが、

具材を切る人、卵を焼く人、ごはんを炒める人・・ってな感じで1人ずつ(2人ペア)決まった担当作業があって。

それらを合体させて、ふわとろオムライスの完成ってわけですよ。

 

だから1から全部ひとりで作るのではなく、分担して作るから、多少失敗してもごまかせます(笑)

 

 

そうそう、初めて参加したときのメニューは

ふわとろオムライス
サラダ
コンソメスープ

この3点セットでした。

 

サラダはただ生野菜を切るだけだし、コンソメスープはお鍋に水とコンソメと細かく刻んだベーコンを入れるだけですから。

誰でも作れる簡単料理ですね。

 

 

でもこれくらい簡単じゃないと料理に集中して、男性と話ができないですから。

これくらいがちょうどいいんじゃないかと思います。

 

ちなみにふわとろの卵を焼いてた人は大変そうでしたけど。。

 

スポンサーリンク

料理が出来なくても、できる雰囲気を出す

私はただ食材(野菜とか)を切る担当だったので、ラッキーでした。

お陰で不器用さが目立たなかったというか(笑)

 

でもね、私は料理は苦手ですが“いかにも料理できます”って雰囲気を出して食材を切っていたんですよ。

「普段からやってますよ~」みたいな感じで、慣れた感じを出してw

 

 

実際にその雰囲気が出てたかどうかはわかりませんが、まぁ少なくとも男性よりは包丁の扱いは慣れてますからね。

そうすると男性も「すごいですね」とか言ってくれたりするんですよ。

 

それに対し

 

「いやいや、そんなことないですよ。毎日自炊してますから」

 

なんて、ちょっと大げさに・・てか、かなり大げさに言ってみたりして。爆

 

 

まぁ事実、自炊をしてるのは本当ですからね。ウソではないんですが、、

 

私が作っているものといったら、炒める程度の「男メシ」でして、決して料理上手とは言えません。

てかそんなこと、絶対に言わないですけどね!

オススメ街コン

コメント

タイトルとURLをコピーしました