彼と別れるのは嫌!不安で仕方ないけれど、それでも一緒にいたいと願う

私から彼に、これからのこと(結婚)をどう考えているのか、初めて聞きました。

彼の答えは「もう少し考えたい」。

その答えに、悲しさと、苛立ちと、寂しさと、複雑な気持ちにが心の中を埋め尽くします。

不安だけど、彼が好き。信じたい想い

せっかく縁結びの神社にデートしたのに、彼からのプロポーズはありません。

それどころか、彼は私との結婚を“もう少し考えたい”って、、

もうどうしていいかわかりませんでした。

 

私は彼に「この先もずっと一緒にいたい」と意思表示をしました。

にもかかわらず、彼はまだ考えたいの一点張りで、答えが出ていません。

 

そんな彼に対して、

この先一緒にいて幸せになれるのかな・・

彼と本当に結婚できるのかな・・

と不安で不安で仕方ありません。

 

 

それでも別れるのだけは嫌でした。

客観的に見れば、そんないつまでも考えてる男性とは別れた方がいい、ってなると思います。
でも私は彼のことが好きで、好きで、やっぱりそばにいたくて、、

 

彼への“好き”の想いが強かったのです。

 

でも現実問題、“好き”だけではどうしようもないこともあります。

それにいつまでもダラダラ交際を続けるわけにはいきません。

 

なので、現状を踏まえて私なりに真剣に考えました。

彼の“考えてる”を信じて、私との結婚を決めてくれるのを待つか。

彼のことは好きだけど、結婚したいなら別れるべきか。だって私は結婚したくて相談所に入ったんだから。

 

 

でも結局、「彼を信じて結婚する」をとりました。

やっぱり、彼と別れたくなかったのです。

 

 

そして神社デート以降、私は彼に「結婚の意思確認」をすることはありませんでした。

彼を急かすことはしたくなかったから

彼に結婚を焦っている女だと思われたくなかったから

ずっと彼のそばにいたかったから

 

彼も彼で、あの日の車での会話はなかったかのように、今まで通りの態度で接してくれました。

 

スポンサーリンク

交際続行からの、不吉な予感

交際5ヵ月目に入ってからも、仲人さんからは頻繁に連絡が入りました。

私は神社デートでの一連のことを、すべて話しました。

そして、そんなことがあっても彼と交際を続けたいとも。

 

話を聞いてくれた仲人さんは、

「もみじさんからこれだけのことを言っても“まだ考えたい”って、、でもまぁもみじさんんの結婚の意思は伝えたんだから、これで彼もきっと真剣に考えて答えを出してくれるでしょ!」

と交際続行を認めてくれて、励ましてもくれました。

 

こういうつらい時の励ましは、本当にありがたいものです。

不安に押しつぶされそうになっても、仲人さんの言葉で不思議とがんばろう、って思えるのです。

 

 

それから数週間が経ち、交際5ヵ月目の終わりました。

普通なら、5ヵ月目が終わる少し前に、仲人さんから交際延長について確認の電話があります。

でもこの時は連絡がありませんでした。

 

 

 

そして交際6ヵ月目に入って数日したときのことです。

仲人さんから電話が入りました。

いつもは穏やかな仲人さんが、この日は雰囲気が違いました。

息を切らしたかのように、血相を変えて、激怒しているのがわかります。

口調も強くなっています。

 

 

そして仲人さんからの話を聞いて、私は全身の血の気が引きました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました