まさかの事態に激怒!「考える」なんて聞き飽きた!それでも彼は、、

スポンサーリンク

縁結びの神様の前で、まさかのプロポーズなしという事態に、さすがの私も焦りました。

そして、絶好のシチュエーションでありながらもなにも言わない彼に対し、怒りも感じました。

不満・怒りが大爆発!!

「なんでなにも言ってくれないの!!!」

頭に血が昇った私は、思わず大きな声で言いました。

なにも言わずに帰ろうとする彼に対し、苛立ちが収まりません。

 

続けてこう言います。

「あのね、これからの私たちのことなんだけど、横山くんはどう思ってるの?」

私の問いかけに対し、彼はなにもいいません。

 

いつもだったら私の質問にはすぐに返してくれるのに、このときばかりはなにも言いませんでした。

運転中ということもあってか、彼はしばらくなにも言いません。

私も彼の返答を待って、なにも言いません。

2人で沈黙です。

 

 

 

 

 

 

・・・

 

 

 

 

 

 

 

・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

沈黙の時間が続きます。

 

数分後、彼の口が開きました。

「結婚のことは考えている。けれど、もう少し考える時間が欲しいんだ

彼は前を見つめたまま、そう言いました。

 

スポンサーリンク

”考える”なんてどうでもいい!彼を問い詰めます

“もう少し考える”って、この言葉はさんざん仲人さんから聞いていました。

仲人さんが彼に結婚の意思確認をすると、決まって“もう少し考えたい”と言っていました。

その言葉を、私は彼の口から初めて聞きました。

でも私はその言葉を聞き飽きています。

 

知りたいのはそこじゃない、“なにを考えたいのか”ってこと。

 

私はすぐに

「考えたいって、なにを考えたいの?」

と聞きました。

すると、彼は再び黙ります。

しかし、今度は私が黙りません。

 

「私は横山くんとの将来について、きちんと考えてるよ。考えた上で、これからも一緒にいたいと思ってる。

でも横山くんはいつも考えたいって言ってるみたいだけど、一体なにを考えてるの?なんか私のダメなところでもあるの?」

 

若干キツイ口調になってしまいましたが、自分の想いを彼に言いました。

 

それに対し、彼は

「いや、ダメなところなんてないよ。ただ考えたいだけなんだ」

とのこと。

「え、ダメなところがなくて、なにを考えてるの?」
「いろいろ考えてて、、」
「いろいろって?」
「まぁ、それはいろいろ、、」
「具体的に言ってくれないとわからないよ!」
「うん、まぁそれはわざわざ言うことじゃないし、それに結婚って、そんなに早く決めるものじゃないじゃん」

 

彼はなにを聞いても、本心を答えてくれません。

濁してばかりです。

 

途中、私も興奮していたことに気づき、冷静になろうと、問い詰めることをやめてしまいました。

 

 

そうこうしているうちに、私の自宅に到着しました。

 

このまま険悪な雰囲気で終わるのが嫌だったので

「さっきな変なこといってごめんね」

と謝りました。

すると彼は

「気にしてないよ、今日は楽しかったね」

と言ってくれました。

 

なにごともなかったかのように、いつも通りバイバイって手を振って、彼の車を見送りました。

 

 

結局この日、彼の結婚の意思確認はできませんでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました