割り勘?!そんなの気にしません!それよりも早く帰りたいです!

さかなクンとの温度差を感じ、テンションの高さについていけない私。

この先のことを考えると、さらに私のテンションは下がっていくばかりです。

早く帰りたい一心

お店の前で待ち合わせしてから、ずーっとハイテンションのさかなくん。

 

これは素なのか、それとも初対面で気合を入れてのテンションなのか、わかりません。

ていうか、すでにそんなこと考える思考回路ではなくなっていました。

 

 

最後の方はボーっとして、相槌を打つくらいになっていたと思います。

なんかホント頭が回らないというか、ただただ

「早く帰りたいなー」

と、帰ることばかり考えていましたね。

 

で、

 

「もう2時間以上経ったよ、そろそろ帰ろうよ」

 

と私から帰ることを切り出しました。

 

 

たいていは男性から帰ることを切り出してもらうのですが、この時ばかりは私から、というか、自然と口にしていた感じです。

 

「そうですね、今日のところはこれくらいにしておきましょう!!」

というさかなクン。

 

 

今日のところはこれくらいって、、

放っておいたらどれだけ喋るんだろう、、

いやいや、余計なことを考えずに、とっとと帰ろう

 

 

気持ちを切り替えてお店を出ます。

 

割り勘でも、全く気にならない

お会計は、さかなクンがまとめて支払ってくれました。

 

お店を出たあと、

「これ私の分、、」

と言ってお札を差し出します。

 

すると、

「あ、いいんですか?ありがとうございます!」

と言って、さかなクンはお金を受け取りました。

 

 

通常、たいていの男性は

「いやいや、いいですよ」

と言って受け取らないんですが。

やはりさかなクンはひと味違うのか、すんなり受け取りました。

 

 

でもそれに対して、私は嫌な気分にはなりませんでした。

むしろ「話をちゃんと聞いてなくて申し訳なかった」という思いがあって。

そのお詫びってわけじゃないけど、せめて自分の分は自分で払いますよ、くらいの気持ちでいたのです。

 

幸い?さかなクンも素直に受け取ってくれて、これでチャラってつもりはないけれど、少し気持ちは軽くなりました。

 

 

世の中、割り勘やお会計問題ってありますよね。

それについては、私にも思うことがあります。

 

けれど、このときは割り勘となんやら、お金については全くなにも思わなかったです。

 

それよりも申し訳ない気持ちと、早く帰りたい気持ちでいっぱいでした。

 

スポンサーリンク

婚活中は、気持ちが休まらない

家に帰り、部屋着に着替えて、ベッドに倒れこみます。

「ちょっとだけ寝よう」

そう思い、ウトウト眠りにつきました。

 

 

 

ふと目を覚ましました。

気がつくと、になっていました。

 

ちょっとだけ寝るつもりが、がっつり何時間も眠り込んでしまったのです(爆)

 

うわぁ、やっちゃった、、

 

と思いましたが、それも仕方ないかなとも思いました。

 

 

というのも、昨日からずっと婚活してて、気持ちが休まることがなかったですから。

デートして、パーティー行って、お茶して、また翌日デート。

ずっと緊張感を持ち続けていたわけですから、疲れるのも無理はないかと。

 

それでなくても慣れないことをしているんだから、こんな状態で余裕なんか出るはずがありません。

 

 

でもまぁ自分で決めてやってることですからね。

嫌ならやめればいいだけのことなんですけど、それだけは絶対にしたくない。

むしろもっと頑張らなくては!という気持ちの方が強いです。

 

 

そして改めて考えます、さかなクンとの今後のことを、、

 

うーん、ホントどうしようかな

もちろん悪い人じゃない、いい人よ

でもこれからもあのテンションの高さについていけるか、、

 

たぶん、無理だと思う

でも慣れてくるかもしれないし、、

 

うーん、

うーん、

うーん・・・

 

 

今夜もまた、頭を抱えそうです。。

コメント

タイトルとURLをコピーしました