2人の男性とマッチング成立!とにかく希望を書くのが大事です

涼子姉さんのご指導の下?怒涛の婚活生活がスタート!

希望を書けばマッチング率がアップ

早速に、休日は2件の婚活パーティーに参加しました。

そして、見事カップル成立しました!!

 

もうね、詳細は後ほど書きますが、

とにかく少しでもいいなと思う男性の番号を書けば、誰かしらとカップルになれるってことがわかりましたね。

 

 

これまでの私のやり方では、基本的にマッチングカードは未記入(白紙)で提出することが多くて。

でも涼子さんのアドバイス通り、とりあえず第3希望まで書けば、なんとかカップルになるものですね。
(と言いつつ、実際は第2希望までしか書いていませんが、、)

 

しかも第1希望、第2希望の男性とマッチングしたわけですから、私としても満足感があります。

 

 

 

好調な出だしで、これからの展開も楽しみではあります。

ですが先に言っておきますが、カップルになった男性が、必ずしも「100%理想の男性」ではありません。

 

上から目線で申し訳ないのですが、「まぁいいかな」と思うような男性とのカップル成立もあります。(ホント上からで申し訳ないです 汗)

 

 

 

でもね、涼子さんも言ってたとおり、

会っていくうちに、お相手のいいところが見えてくるかもしれないし、

なんでもかんでも「×」にしちゃ、この先いい人に出会える確率も低くなってしまう。

 

とりあえずカップルになって、最低1回は外で2人きりで会わないことには、その人のことなんてわかんないですからね。

 

 

ましてやパーティーで5分くらい喋っただけで、そんなんで何がわかるってんだ!

会社の面接だって、少なくとも20分くらいはやるやろ!!

なのになんで婚活の世界はたった3分や5分で相手を見極めなきゃあかんねん!!

おかしいやろ!!!

 

って、なぜか関西弁風になってしましましたがw

 

 

まぁたしかに、たった3分で相手のすべてなんてわかるわけがない。

だからこそ2人でゆっくり話せる機会を作って、そのためにはカップル成立することが必須なわけですよ。

 

 

なので、土曜日1件、日曜日1件のパーティーに参加して、どちらともカップルが成立。

 

その内訳が、

土曜は、第1希望の同い年さん

日曜は、第2希望の年下くん

という結果です。

 

スポンサーリンク

2人の男性を比較する

今現在の心境として、順番をつけるとしたら、1番が同い年さん、2番が年下くん。

順番つけるだなんてホント失礼ですが、やっぱりいきなり2人の男性が目の前にやってくると、自然と比較しちゃうんですよね。

 

 

これも涼子さんが言ってたとおり

「より理想の男性に近いのはどっち?」

って聞かれれば

「こっち(同い年さん)」

って答えちゃいますもんw

 

 

なんか今回パーティーに参加して、涼子さんが言ってたとおりになったなと、改めて姉さんの凄さを実感しましたよ。

ただこれに安心してはいけませんね。

 

カップルになって終わり!じゃなく、

逆にここからが本番。

 

 

カップル成立は前提であって、ここから先、2人で会ってどんな人かを見極めて、そしていかに付き合うまでに持ってくかかが肝心。

 

 

 

これもね、婚活している人ならわかってもらえると思うのですが、

カップル成立して、その後1回会って、それで終わりってケースもよくある話じゃないですか。

 

あんなにマッチングしたことに喜んでいたのに、たった1回会って終わっちゃった、なんてこと、珍しくもなんともない。

むしろそんなことは当たり前であって、3回以上会うことの方が稀(まれ)じゃないかな。

 

 

実際に3回も会うケースなんて滅多になく、逆に3回目のデートをクリアすれば、それは明るい未来が見えてきた証でもあるし。

なので、カップル成立後が本番であって、いかに多くの会うことができるかが重要です。

 

 

てなわけで、今日はこの辺にして、明日またパーティーの詳細を書いていきますね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました