35歳の婚活!差別されることが増えます。悩み苦しみ、時には休息も必要です

スポンサーリンク

女の35歳は不利である

またまた現在のもみじです。

34歳編が終わり、ここから35歳編へと突入します。

 

女性の35歳。

世間一般的には、婚活では不利になる年齢と言われています。

 

 

結婚相談所でもよく言われたのですが、女性は35歳になると、男性からの申し込みがガクっと落ちるそうです。

 

34歳まではなんとかなるけど、35歳を過ぎるとそれ相応の対策、または妥協しないと、なかなか成婚まで辿り着かないとも言っていましたね。

 

 

 

そうは言っても、世の中、35歳だろうが40歳だろうが50歳だろうが、いくつになっても結婚している人はたくさんいます。

 

なので「女性は35歳になると婚活が不利になる」ってのは、あくまで一般論として捉えればいいのかなって思います。
(そう思わないと婚活なんてやってられないですしねw)

 

 

まぁ実際のところ、そりゃ年齢で差別されることもありましたよ。

「35歳」ということで露骨に嫌な顔をされたこともありますし。

それこそバカにされたこともあって、すごく悔しくて悲しい思いもしました。

 

 

「あぁ、世の中35歳になると、こんなにも風当たりが強くなるのね、、」

って何度思ったことか。

 

 

その辺の話はこれからのブログで出てきますが、35歳になってからもいろんな経験をしましたね。

 

「自分はまだイケる!」って思っていても、外からの目線は冷ややかで。

私自身はなにも変わってないつもりでも、周囲の反応は変わっていきました。

 

それは婚活の場においても、職場や家族間であってもね。

 

スポンサーリンク

婚活に休息は必要

これまでの婚活人生で、たくさんの思い出があります。

語り出したら止まらないほど、それこそ1週間ぶっ通しで喋れるくらいのネタを持ってます(笑)

私の人生、婚活の話題だけは豊富です!(いやん)

 

 

で、そんな豊富な経験の中で、とくに強烈な出来事が35歳のときにありました。

出来事というか、自分で自分を追い込んでしまったというか。

 

誰かからなにかをされたわけではなく、自分の心の持ち方に問題があって、精神的に悩んでつらい思いをしたのです。

 

 

いつも悩んでいる私ですが、このときばかりはそう簡単には立ち直れなかったですね。

それもあって、しばらくの間、婚活を休むことになったのです。

 

 

やっぱりね、いつも婚活のことばかり考えていたら、身も心も持ちませんよ。

どこかで休息は必要だと思います。

 

 

だって婚活って、ある意味「持久走」じゃないですか。

いつ運命の人が現れるかわからず、ひたすら走りつづけなきゃいけない。

 

そりゃ短距離走で全力で走って、すぐに運命の人に出逢えればいいですよ?

まぁなかには1,2回の婚活ですぐに結婚相手に出逢えた人もいると思いますけど。

 

 

でもそういう人の方が稀であって、たいていの人は多少なりとも時間(歳月)がかかってるはず。

それが半年なのか、1年なのか、3年、5年なのか、人によってバラバラですが。

いずれにしても持久走であることは間違いないと思います。

 

 

なんで長距離を走る以上、どこかで休憩をいれないと、バテてしまいますよ。

頑張って走り続けてもいいけど、それだと身体も心も壊れちゃう。

 

時には休んで、身体と心を回復させて、元気になったらまた走り出せばいいんじゃないかな。

 

 

そんなわけで私も35歳のときに「休息」をしました。

 

ちなみに休息の意味を調べると

「休息とは、していた事をやめて、心身を休めること」

と書かれております。

 

 

まさにその通り!!

休むことも仕事のうち、と同じで、

休むことも婚活のうちですね。

 

 

 

さてさて、次回から35歳編のお話となります。

相変わらずつらいことがだらけですが、幸せなこともあった年でもありました。

どんな展開になっていくのか、お楽しみに~☆

コメント

タイトルとURLをコピーしました