交際希望→交際決定→初めての電話。トントン拍子で話が進んでます

ドラゴンボールの話で盛り上がり、気づけば2時間が経っていました。

お見合い時間って、だいたい1~2時間で切り上げるものなんですよ。

なので名残惜しいけど、お開きにすることになりました。

仲人さんに、交際希望の連絡

その日の夜、仲人さんに電話連絡しました。

仲人さん(なこうどさん):結婚の仲立ちをする人です。2軒目の相談所では、仲人さんの呼び名になっています。

 

もみじ 「今日のお見合いすごく楽しかったです!これからも横山さんに会いたいです!」

仲人さん「そう、それはよかった!実はね、少し前に横山さんからの仲人さんから連絡があって、彼ももみじさんのことを気に入ったみたい

もみじ 「ホントですかー?!よかった、すごく嬉しいです!」

仲人さん「ホントよかったね。じゃあもみじさんも横山さんとの交際希望ということで、際成立だね」

ということで、お見合いしたその日の夜に、交際が決まりました。

 

ちなみに交際といっても、いきなりお付き合いするわけではないです。

これから二人で会っていって(デートして)、お互いに“いいね”となったら、本当のお付き合い(交際)となります。

わかりやすく言うと“彼氏と彼女”になるわけです。

 

いや~それにしても、彼も私のことを気に入ってくれてたなんて・・ニヒッ♡

 

スポンサーリンク

交際成立後、初めての電話連絡

横山くんとお見合いをしたのは土曜日の午後、交際が成立したのはその日の夜、そして彼から電話があったのは、翌日の日曜日でした。

交際が成立したときに、仲人さんから彼の電話番号は知らされていました。

「今日はもう夜だし、明日には電話連絡があると思うから

と仲人さんから聞いていました。

 

 

ドキドキしながら電話を待っていると、そのときがやってきました。

お上品な声で電話に出ると

「もしもし、横山です」

と彼の声が♡

もうその声を聞いた瞬間、心の中では

キャー♡
キャー♡♡
キャー♡♡♡
(*´艸`*)

と乙女全開でしたよ♡←アホさも全開、、

 

そしてその電話の中で、早速に次回会う日にちを決めました。

お互い土日が休みなので、「じゃあ次週の日曜日にお会いしましょうか」とサクッと決まりました。

 

会う日が決まったら、今度はなにしようか、どこにしようかって話になりますよね。

でもここで、横山くんが意外にも引っ張っていく姿勢が見えたのです。

「もみじさんは、パスタやハンバーグはお好きですか?おいしいお店があるので、そこに行ってみませんか?」と。

そのお店は、私と横山くんの自宅から、中間地点(やや横山くんち寄り)のところにありました。

 

これって、事前に調べておいてくれてたってことですよね?!

女性が好きそうなお店を調べておいてくれて、私があまり負担にならない距離のお店を選んでくれて、、

そんな気遣いが垣間見えて、ますます胸がキュンキュンしちゃいました。

 

 

もちろん横山くんが選んでくれたお店で即OKしましたよ♡

コメント

タイトルとURLをコピーしました