東京大神宮の効果は絶大?!参拝直後に彼氏ができました!!

パワースポット

東京大神宮のご利益

以前にもお話したとおり、私は東京大神宮を参拝した直後、彼氏ができました。

きっかけはなんてことはない、日常生活の中にあって、自然な流れで彼と付き合えたと思ってます。

実は私、彼氏ができたんです!!!

 

のちにお別れとはなってしまいましが、それでも、東京大神宮のご利益のお陰かなと感じています。

 

なので今回、恋愛成就の神様がいる「東京大神宮」のご紹介をしたいと思います。

東京大神宮公式サイト

 

人によって効果やご利益はさまざまだと思いますが、私にとってはすごく効果があったので♡

私の参拝方法や境内での過ごし方、そして感じたことなど、少しでも参考になればと思います。

 

これを読んでるあなたの恋愛運も上がって、理想のパートナーと出逢えますように!

 

アクセス

東京大神宮は、JR飯田橋駅から徒歩10分くらいのところにあります。

詳しいアクセスはこちら→東京大神宮交通アクセス

 

実は私、初めて東京大神宮行ったとき、迷子になりまして(泣)

地図が読めない女なので、道に迷って。

それで困っていたら近くに交番があったので、お巡りさんに行き方を尋ねました。

そしたら単純な道で。。

 

なので困ったときはお巡りさんに助けを求めてください。

 

鳥居

JR飯田橋駅からトコトコあるいて約10分。

鳥居の前につきました。

 

じゃーん!!

逆光で影が多くてすみません(汗)

 

こじんまりとしてますが、ここに恋愛成就の神様がいるんだ!と思うと、ちょっとワクワクしてきますよ。

そして鳥居の前で一礼をして、門をくぐります。

 

参拝は午前中がおすすめ

そうそう、ちなみに神社参拝って、できれば午前中の方がいいんだそう。

朝の空気って、新鮮じゃないですか。

しかも境内の空気って、格別というか。

 

なので朝、境内の空気を吸って、太陽の光を浴びて、そしてパワーをもらって。

それで神様にお願いすれば、願いが叶いやすいんだそうです。

 

 

もちろん午後に参拝しても大丈夫ですよ。

神様はみんなに平等ですからね。

午後だからダメとか、午後だと願いが叶わないってわけではないですよ。

 

ただ、境内の朝の新鮮な空気と、太陽の光を浴びれば、よいエネルギーが溜まって(イメージでですよ)

そうすればより願いが叶いやすくなるって話です。

 

手水舎

門をくぐったら、右手に手水舎(てみずしゃ)があります。

ここで身を清めます。

 

私が行ったときはたまたま誰もいなくて(ラッキー!)ゆっくりと身を清めることができました。

 

柄杓(ひしゃく)を持って、左手・右手・口を清めます。

最後に持っている柄杓の柄(え)の部分(棒の部分)を清めてます。

 

お清めが終わったら、いよいよ本殿に向かいます。

 

東京大神宮の本殿

こちらが東京大神宮の本殿です。

 

朝から人がいますね。

 

私は休日の午前中に行ったのですが、、こういう晴れた日の午前中って、参拝する人が多いんでしょうね。

参拝するにも、少しだけ並びます。

 

別の角度からとった写真がこちら↓

 

そこそこ人が並んでますが、そんなに待つことはありません。

頭の中で神様にどうお願いしようかと考えてると、あっという間に自分の順番が回ってきますよ。

 

そしていよいよ、神様との対面、本殿でのお祈りになります。

 

参拝方法とお願いの仕方

参拝方法は、一般的な「二礼・二拍手・一礼」です。

神様に対してきちんと頭を下げます。

そしてお願い事をするわけですが、ここがポイント!

 

私は東京大神宮に参拝して、その後、大好きな彼氏ができました。

で、その時どんな風にお願いしてたのかを記憶を辿って思い出してみたんです。

 

のちに知ったのですが、どうやら私のお願いのやり方は、神様に受け入れてもらえやすかったと知りました。

 

 

私のお願い方法が絶対に正しいわけではありませんが、少なくとも、その時の想いが神様に通じて、

そして最も欲しかったもの(彼氏)を与えてくださったのです。

 

なので私がお願いした方法を知ってもらって、そして学んだことを織り交ぜながらお話ししますので、よいと思う部分があればぜひ取り入れてみてくださいね。

 

スポンサーリンク

自己紹介

本殿(神様の前)に立って、一番始めにしたことは「自己紹介」です。

 

「私は○○県△△市××町1-1-1に住む、もみじと申します」

住所、氏名は必ず言います。

 

だってこのあと神様にお願いごとをするのですが、たとえば「彼氏が欲しい」とお願いするとして。

神様からみて、いきなり「彼氏が欲しいです!」って見ず知らずの女の子に言われても、

どこの誰に届けていいかわからないじゃないですか。

 

住所も名前もわからい女の子に「彼氏をください」って言われて、もし仮にそんなの簡単だからあげるよってなっても、お届け先がわからない。

わからなければ届けようがない。

結果、彼氏は届かない、ってことになります。

 

なので神様の前に立ったら一番に「自己紹介」をします。

 

住所、氏名は絶対。他にも職業とか、趣味とか、今なにかに取り組んでいることかあれば、そういうのも付け加えてもいいと思います。

(私は住所と名前しか言わなかったですけどね)

 

感謝の気持ちを伝える

自己紹介が終わったら、次はお願い事を・・と言いたいところですが、一旦ストップ

お願い事を言ってもいいのですが、その前に、神様に感謝することが大事なのです。

神様に対して、

 

  • 毎日ごはんが食べられること
  • 健康で過ごせていること
  • 働いてお給料がもらえること
  • 家族が健康でいること
  • 欲しいものが買えたこと
  • 職場の人間関係がよくなったこと
  • 素敵な人に出会えたこと

 

なんでもいいんです。感謝できることならなんでも。

日常生活の当たり前のことを、神様のお陰と思って感謝するのです。

 

だって神様は常に私たちのことを見守ってくださっているじゃないですか。

いつも天高いところから見てて、私たちが無事生きられるよう守ってくれているんですよ。

だからこうして生きているのも、神様のお陰と思って感謝します。

 

 

あともうひとつ感謝した方がいい理由があって、それは神様がより一層お願いごとに耳を傾けてくれるからです。

私たちだって、人から感謝されれば嬉しく感じますよね?

それは神様も同じで、感謝されれば嬉しくなって、より一層お願いごとに耳を傾けてくれるのだそうです。

 

なのでいきなりお願いするよりも感謝をしてからの方が、神様も真剣に願い事を聞いてくれるってわけです。

 

願い事は具体的に

自己紹介→感謝としまして、ここでやっと願い事を言う番が来ました。

お願い事はね、もう好きに言っちゃってください。

こんなこと言っちゃダメって制限はないので、自分が望むものをバンバン言っちゃってください。

 

彼氏が欲しければ彼氏が欲しいと望んでいいし、結婚したいのならば結婚したいと思いっきりお願いしちゃってOK。

 

 

ただね、ここで1つ注意を!

お願い事は具体的に言った方がいいです。

 

たとえば「素敵な彼氏が欲しいです」とお願いしたとするじゃないですか。

でも神様からしたら「素敵な彼氏」ってどんな人?って思うんですよね。

 

が望む素敵な彼氏って、平野紫耀くんですけど。(紫耀くんファンです笑)

神様からしたら素敵な彼氏は、アインシュタインの稲田直樹さんかもしれないし。

(吉本ブサイクランキング1位!でも個人的には好きです)

 

だから素敵な彼氏ではなく、もっとわかりやすく神様に伝えた方がいいです。

素敵な彼氏に対しての理想ってあるじゃないですか。

こんな風に↓

 

身長170cm以上
筋肉質
黒の短髪
くっきり二重
公務員
次男
年収500万円以上
一人暮らし
趣味はサッカー
優しくて穏やかな性格
気遣いができる

 

こういうのををちゃんと神様に伝えることで、自分にとっての「素敵な彼」とのご縁を結んでくれるのです。

 

スポンサーリンク

参拝前に予行練習

さて、ここまで自己紹介・感謝・願い事は具体的にという話をしてきました。

この流れで神様にお願いすれば、願い事が叶う可能性はグッと上がります(私がそうでした)

 

ですが実際、本殿(神様)の前に長く居る(立つ)ことはできないじゃないですか。

すぐ後ろにはたくさんの参拝者がいて、せいぜい長くても1分弱くらいしかいられないですよね。

 

自己紹介して、感謝の言葉を述べて、そして具体的なお願い事をするって、そんなことできないんですよ。

 

じゃあどうしたらいいの?ってことなんですが。

私のやり方としては、「1分以内にまとめる」ってことをしています。

 

たくさん言いたいことはあるけれど、その中からこれだけは絶対に言っておきたいことをピックアップして、それを短く凝縮して伝えます。

 

たとえばこんな感じに↓

「私は〇〇県△△市××町1-1-1に住んでいるもみじと申します。

毎日神様のお陰で元気に過ごせています。ありがとうございます。

今日はお願い事があってやって参りました。

私は平野紫耀くんに似ている彼氏が欲しいです。

顔は紫耀くんに似てて、公務員の仕事していて、趣味はサッカー観戦の人がいいです。」

 

だいぶ短くしちゃいましたが、混雑時にはこのくらいしか言えないかもしれないです。

でも自分にとっての言いたいことはきちんと言えば、短くてもいいと思います。

 

なので神社参拝する前には、神様にお願いする予行練習をしておいた方がいいかも。

そうすれば混雑してて、焦って言い忘れたってことがないですからね。

空いてる時は逆にじっくりお願いごとをしてくださいね。

 

おみくじは神様からのお告げ

参拝が終わったら、最後はおみくじです。

おみくじには意味があって、「神様からのお告げ」があります。

 

先ほど彼氏が欲しいってお願い事をして、じゃあ彼と出逢うにはどうしたらいいかってことがおみくじには書かれているんですよ。

それが神様のお告げ(おつげ)なんですけどね。

 

そのお告げに従って生活(行動)すれば、願い事が叶いやすくなるってわけです。

 

(おみくじいっぱい!「恋みくじ」がおすすめかな)

 

ちなみに私は彼氏ができる前に引いたおみくじは、大吉でした。

しかも、恋愛運は「まもなく幸福が訪れる」、縁談は「すぐ身近にある」、みたいなことを書かれていて。

その直後、会社の上司から彼を紹介され、そして彼と付き合うことになりましたからね。

 

神様のお告げって本当にあるんだと実感した出来事でした。

 

お守りを身につけて安心感を

お守りって、神様の身代わりって知ってましたか?(私は知らなかったです)

お守りの中に神様が入っていて、いつでもどこでも持っている人を見守ってくださるそうです。

 

それが本当はどうかは別として、そう思えば安心感が得られるじゃないですか。

「そうか、いつも神様に守ってもらえているんだな」って思えばホッとするし。

「なにがあっても大丈夫!」って気持ちにもなりますしね。

 

私も当時、お守りを買ってケイタイストラップにつけて持ち歩いていましたよ。

(今はもう返納して手元にはないですけど)

見るたびに気分が上がっていったのを覚えています。

 

ただ、お守りは絶対に買わなきゃダメってことじゃないので、無理して買うことはないですよ。

私の場合、お守りに呼ばれて買いました!・・って言いたいけど、本当は単純に欲しくて買っただけです。。

 

境内でパワーをもらう

最後はパワーをもらう時間です。

パワーといっても、神社の雰囲気を楽しんだり、新鮮な空気を吸うことなんですけどね。

 

でもその時間だって重要だと思いますよ。

緑に囲まれた境内の雰囲気を味わって、神様がいる空気をたくさん吸って。

そうすることで、日常でのちょっとした嫌なこととか忘れて、気持ちが落ち着くというか。

 

それでまた明日から頑張ろうって気持ちになりますし、もっと気持ちが上がれば、なんかこれから先いろんなことが上手くいきそうって思えますしね。

 

あくまでイメージですが、神様からパワーをもらうつもりで境内を楽しんでみるのもいいと思います。

 

まとめ

神社を参拝すると、どこか気分がよくなるものですよね。

清々しい気持ちというか、ルンルン気分になるというか。

その気分を持続すれば、運命の彼に出逢うのも早いのかなと思います。(私が早かったので!)

 

神様にちゃんとお願いして、日々いい気分でいることが、運命の人に出逢う近道かもしれませんね。

 

・自己紹介
・神様に感謝する
・お願い事は具体的に

この3つの方法でお願いすれば、あなたのお願いが叶う可能性がグッと上がります。

 

素敵な彼と出逢えるように、私もお祈りしますね♡

コメント

タイトルとURLをコピーしました