悪い習慣を断ち切る方法!新しいことを始めることで、悪い習慣がやめられる

だいぶ前の話ですが、巷で「思考は現実化する」という本が流行りましたよね。私も流行りに便乗して本を購入しました。

一時は「これで目標達成するぞ!」なんて意気込んでいましたが、結局途中で挫折して、本棚の奥底に眠っていました。

つい先日、探し物があって本棚をゴソゴソとしていたら、この「思考は現実化する」の本が出てきました。懐かしいなと思い、パラパラとページをめくってみました。

すると、ある個所に目がいきました。

やめなくていい、はじめる

「やめる、のではなく、はじめる」
どういうこと?と思い、気になって仕方ないのでその場で本文をじっくり読みました。

無意識にできる習慣は強力です

~以下、本文より抜粋~

習慣を改めるのは容易なことではない。ヒル博士がいうように習慣の力はいたって強力だ。
「悪しき習慣は今日限りいっさいやめよう」と誓ったものの、長続きしなかったという例はあなたにもあるだろう。
ならば「悪い習慣をやめる」と考えるのではなく「代わりにとなる新しい習慣」という姿勢で臨んでみてはどうか
あるところにどうしても飲酒の習慣を断ち切れない者がいた。
そこでこの方法に従って「飲酒をやめる」のではなく、その代わりに「水を飲む習慣を始める」のはどうかと彼にアドヴァイスした。
すると彼の飲酒の習慣はピタッと止まったのである。

これは、、、目から鱗でした。

確かに、人間は習慣の生き物です。朝起きて、顔を洗って、朝食を食べて、歯を磨く。これって習慣ですよね。

習慣は、意識して行いません。無意識で行動できるものです。

だから朝起きて顔を洗うもの、無意識のうちに行っているはずです。

無意識に行えるくらい強力な習慣を変えるとなった場合、常に意識して行動しなければなりません。

例えば、毎朝飲んでいるコーヒーをやめようと決意した翌日、いつのも癖でコーヒーをカップに注いだりしませんか?淹れ終わったあとにハッと気づいた、なんてことあると思います。

一度身に着いた習慣をやめるのは、簡単なことではありません。やめるには、常に意識していないとならないのですから。

新しい習慣を取り入れる

習慣を変えるのなら、常に意識しなければなりません。意識しないと、すぐいつもの習慣で体が動いてしまします。

でも常に意識をするって難しいですよね。ずっとそのことを考えているわけにはいかないですし、意識をすればするほどストレスになってしまうかもしれません。

そこで取り入れたいのが、「新しい習慣」の登場です。

悪い習慣を意識してやめるのではなく、新しい習慣をすることで、悪い習慣をしなくなる、という仕組みです。

食事の量を減らさず、食べるものを変える

ダイエットの場合、痩せるために食事制限が必要不可欠です。

「今日から食事の量を減らす!」なんて意気込んでみても、三日坊主で終わってしまい、結局ダイエット前より食べてしまうということはありませんか?←私のお決まりパターンです。

でもこれを「代わりとなる習慣」に当てはめるとこうなります。

悪い習慣=たくさん食べる
新しい習慣=野菜をたくさん食べる

同じ食べるにしても、ジャンクフードを食べるよりも、野菜を食べた方がヘルシーなので、体重が落ちやすくなります。

食べることをやめるのが苦痛。ならば食べるのをやめるのではなく、野菜を食べる習慣に代えることで、摂取カロリーを大幅に下げることができます。

これが、”やめるより、新しいことを始める”ということです。

たしかに人は、やめることよりも新しいことをやりたがりますよね。やめることを意識するよりも、やるほうを意識する方が簡単ですし、ワクワクした気持ちで取組めば、よい結果につながると思います。

ゲームをやめさせるには

余談ですが、友人の子ども(小学生)がゲームにはまってて、やめさせるのに苦労してる言ってました。

・ゲームは宿題が終わってから
・一日30分だけ
・100点取ったら1時間してよし

というルールを作ったらしんですが、結局宿題もせずに毎日長時間ゲームしているそうです(笑)

これも習慣ですから、変えるには新しい習慣を取り入れなくてはなりませんね。さて、ここにどうやって新しい習慣を入れるのか、子どものいない私にはよくわかりません、、

本当に痩せるのか?人体実験

せっかくなので、これを機にこれから新しい習慣を取り入れてみます。早速に「野菜をたくさん食べる」から始めてみたいと思います。

この記事を書いてて、食べるのをやめなくていいんだ、と思ったら、なんだか急に気が楽になりました。食べていいんだ、、(野菜をね)そう思うと、不思議とダイエットが成功するような気持になりました。

あ、、そうか、これが、この意識が「思考は現実化する」ということなのかな。

ならば、ナポレオン・ヒル博士(本を書いた人)の教えを忠実に実践し、理想の体重を手に入れるという実験をしてみたいと思います。

うまくいったら報告しますので、気長にお待ちいただけると幸いです。

ちなみにこの「新しい習慣法」(←勝手に命名)ダイエット以外にも使えます。

仕事でも家事でも人間関係でも、なんにでも応用可能。ぜひあなたのライフスタイルに合わせて活用してみてください。

新しい習慣をすることで、人生が変わっていくかもせれませんね。




スポンサーリンク
レンタグル(大)広告
レンタグル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタグル(大)広告