理想の世界へ行く方法!思い込みを外すせば、自然と行動ができます

理想の世界に行くためには、自分の思い込みに気づくことです。

間違った思い込みに気づくことができれば、理想の世界まで一直線です。

結婚できる?できない?

人は思い込みで行動をします。“自分はこういう人間だ”という思い込みで選択をし、行動します。
思い込みを変えることができれば、行動も変えられるのです。

  1. 思い込み(自分はこういう人間だ)
  2. 選択(自分にふさわしいもの)
  3. 行動(立証する)

これが人間の行動パターンです。

今回、わかりやすく、わたしの場合でご説明します。

わたしは“ 結婚ができない ”と思い込んでいます。

  1. 結婚ができない(思い込み)
  2. 結婚できない自分がふさわしい(選択)
  3. 結婚ができないようにする(行動)

でもこれを、わたしは“ 結婚ができる ”と思い込めば、結婚ができるような選択をし、行動します。

  1. 結婚できる(思い込み)
  2. 結婚する自分がふさわしい(選択)
  3. 結婚するようにする(行動)

つまり、結婚ができると思い込めば、結婚ができるのです!

ならば早速“ 結婚できるわたし ”の思い込みをしようじゃないか!と思ったのですが、これがなかなか厄介なのです。

事実と思い込みの違い

長年染みついた思い込みは、なかなかとれないものです。だって結婚できるわたしと思い込んでも、現実は彼氏もいなく、出会いもありません。

そんな状況で、どうやって結婚できるんだ、やっぱり結婚できないじゃないかって思ってしまうんです。

でもそんな考えを打破する方法が、ふたつあります。

ひとつは、事実かどうかを確認するということです。

ここで質問します。ご自身に当てはめてお考えください。

  1. わたしは明るい
  2. わたしは人前で話すのが苦手だ
  3. わたしは女(男)だ

この中で、事実は何番ですか?

おわかりだと思いますが、正解は「3.わたしは女(男)だ」です。

「1. わたしは明るい」「2.わたしは人前で話すのが苦手だ」というのは、思い込みです。

「3. わたしは女(男)だ」という、性別のみが事実ですよね。

1と2は事実ではありません。自分に対する思い込みです。

そうは言っても、実際わたしは明るくないです、人前で話すのも苦手です、って言いたくなりますよね。

でもそれこそ事実ではなく、思い込みなのです。

冒頭の行動パターンを当てはめてみますね。

  1. 思い込み(自分はこういう人間だ)
  2. 選択(自分にふさわしいもの)
  3. 行動(立証する)

これに「2.わたしは人前で話すのが苦手だ」当てはめますと、

  1. わたしは人前で話すのが苦手だ(思い込み)
  2. 人前で話すのをやめよう(選択)
  3. 人前で話せない(行動)

ということになります。

正直、わたしはウソでしょ?って思いました。

だってわたしは現に人前で話すと、言葉に詰まってしまうことがあります。人前で話せないのは事実でしょ、と思いました。

ですが実際は思い込みからくる行動だったのです。事実ではないのです。

ということは、事実以外すべて思い込みなのです。自分が思い込んだとおりに行動しているのです。

ですから事実かどうかを確認することで、自分の思い込みを認識することができます。

そして事実と思い込みは別ものと捉えれば、改めて自分の思い込みを考え直すことができるのです。

自分の思い込みは、本当に正しいの?

ふたつめは、自分の思い込みを疑うということです。

わたしの結婚の話に戻りますが、わたしは” 結婚ができない ”と思い込んでいます。

“ 結婚してない ”のは事実ですが、“ 結婚ができない ”のは事実ではありません。ただの思い込みです。

そもそもわたしはなぜ結婚できないと思うのか。

それは、彼氏がいないから、出会いがないから、という理由です。そんな理由で自分は結婚できないと思い込んでいるのです。

でもアラフォーで結婚した人って、たくさんいますよね。

アラフォーでもアラフィでも、いくつになっても結婚した人は大勢います。その人達だって、はじめは出会いがなく、彼氏(彼女)がいないのです。

ですが、出会い方はさまざまですが、ご縁があった人とお付き合いして、結婚しているわけです。

ですからわたしだけ結婚できないというのは、結婚できない理由にならないのです。ただの思い込みで、しかも間違った思い込みをしていたのです。

わたしが結婚したくてもできないのは、結婚できないと思い込んでいるからです。

しかも結婚できないというのは間違った認識で、本当はだれでも結婚できるのです。

だからこそ、したくてもできないときは、自分の思い込みを疑うのです。

  • この考えは正しいのだろうか
  • わたしの認識は間違っていないだろうか

いま一度、自分の心に問いかけてみてください。なにか発見があるかもしれませんよ。

理想の世界へ行く方法

思い込みを変えるには、ふたつの方法があります

  • 事実かどうかを確認する
  • 自分の思い込みを疑う

これをすることによって、自分の思い込みに気づくことができます。

気づいて新しい思い込みを埋め込めば、きっと自分が望む理想の世界へ自然と行動することができるはずです。

  1. 思い込み(自分はこういう人間だ)
  2. 選択(自分にふさわしいもの)
  3. 行動(立証する)

わたしも理想の世界へ行くために、自分の思い込みを変えていきます。



スポンサーリンク
レンタグル(大)広告
レンタグル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタグル(大)広告