親知らずが虫歯に!抜歯したけど、痛みなし♪

生まれて初めて、親知らずを抜歯しました。

抜歯するときも、抜歯後も、まったく痛みなし!

快感です( ̄▽ ̄)

虫歯が原因で、親知らずを抜歯

定期健診で歯医者さんに行ったときのこと。先生から思わぬ言葉を聞きました。

「左上の親知らずが虫歯になってるね。治療してもいいけど、この場所じゃまたすぐ虫歯になっちゃうよ。この際だから、抜いちゃおうか」

まさかの言葉に驚きました。

親知らずを抜くって、痛いんじゃない?そんなの嫌だー!と思ったわたしはすぐ先生に言いました。

「親知らずって、抜くとき痛いんですよね?」

すると先生は、

「全然痛くないから大丈夫(^◇^)」

超笑顔で答えてくださいました。

本当かな・・でも先生がそう言うんだから、痛くないんだろうな。

そーいえば以前、虫歯の治療で麻酔をしてもらったことがあったな(抜歯じゃないです)そのときも全然痛みを感じなかったわ。先生が痛くないというのなら、信じようかな。

ということで、親知らずを抜歯することを決めました。

歯医者さんの麻酔

抜歯当日。朝10時です。

診察台に座ると、麻酔の注射器がチラリとみえました。これからわたしに打つんだな・・と思ってたら先生がいらして、

「これから麻酔しますね。効くまでに少し時間がかかるから、麻酔が効いてから抜歯しますね」

と言って注射器を手にしました。

わたしが通う歯科では、治療中は患者さんの顔に、目隠しのタオルがかぶせられます。なので先生や歯科衛生士さんの動きが全くみえません。

恐らく麻酔をされているのでしょうが、注射針の痛みを感じません。

針で刺される痛みも、麻酔を注入される痛みも、まったく感じませんでした。

気づいたら、麻酔の投与が終わってました。

「じゃあ麻酔が効いたころ、抜歯するから待っててね」

と先生に言われ、それから少しの間待つことになりました。

麻酔が効くまでの間、歯のおそうじをしてもらいました。

左上の親知らずを抜くので、影響のない下の歯の、歯石をとってもらいました。

歯のおそうじがが終わって、先生が戻ってきました。

麻酔をかけてから先生が戻ってくるまで、およそ20分くらいでしょうか(時計がなかったので、正確な時間がわかりません)

抜歯の時間がやってまいりました。

抜歯直前、追加の麻酔を投与されました。そして痛みを感じないか、確認します。

先生が親知らず周辺をピンセット?のようなものでつついたり、刺激を与えているようでした。麻酔が完全に効いているので、痛くありません。

「麻酔が効いてるね。よし、じゃあこれから抜くね」

と先生が言いました。

ついに抜歯が始まります。

痛みを感じない抜歯

わたしは大きく口を開けました。治療中は顔のタオルをかぶせられ、先生の動きが全くみえません。

左上の奥で、なにかを剥がされている感じがしました。上から下に、引っ張るような、剥がすような感じです。でも痛くありません。

たぶん、銀の詰めものを剥がしているんだろうな、と思いました。虫歯ができたとき、銀の詰め物でカバーするじゃないですか。虫歯を治療したあとに、銀をかぶせるやつ。銀歯のことですね。

わたしの親知らずにも、少し銀でカバーされています。で、その銀を剥がしているのだと思ってました。

それを剥がし終えて、いよいよ抜歯か・・!と覚悟したときのことです。

「終わったよ」

先生が言いました。

ん?終わったって??

事態が吞み込めなかったわたしに、先生は目隠しのタオルを外してくれました。

そしておもむろに、見せてくれたのです。

そこには、抜かれた歯がありました。

血がついた、生々しい歯が置かれてました。

え?いつの間に?これには本当に驚きました。

銀の詰めものを剥がされていたと思い込んでいたのが、実は親知らずを抜かれていたんです。

抜歯中、痛みはありません。歯が抜けた違和感もありません。

なんにも気づかないまま、あっという間に抜歯が終わっていたのです。

痛みを感じない抜歯

なんとも呆気ない抜歯で終わってしまいました。

先生のおっしゃる通り、本当に痛みはありませんでした。

麻酔の注射から抜歯まで、一切痛みなし!

歯医者さんってすごいなと改めて思いました。

先生から、抜歯後の注意を受けました。終わってホットしたのか、

「お昼ごはん食べてもいいですか?」なんて、マヌケなことを聞いたわたし。(もちろん食べてOKと言ってくださいました)

その後、受付で痛み止めと、抗生物質のお薬が処方されました。

会計を済ませて歯医者さんを出たのが、10時40分。

朝の予約が10時で、終わったのが10時40分(お会計なども含みます)

たった40分で終了したのです。

抜歯後の出血

抜歯直後は出血はありました。口の中にガーゼを入れて、5分くらい?止血をしました。

歯医者さんを出てからは、口の中が血で染まるようなことはありません。

ただ、水で口をゆすいで吐き出すとき、若干血が混じっていました。でもそれは初日だけです。二日目以降は、血が混じることはありません。

抜歯当日、ごはんは普通に食べました。

少し気を遣って、なるべくやわらかいものを食べるように意識しましたけどね。しかも抜歯した側とは反対の歯で、なるべく噛むようにしました。

食べてるときは、多少は違和感がありました。だってさっきまであった奥歯(親知らず)がなくなったわけですから、当然かもしれません。

だからといって、ごはんの味が変わるということはありませんのでご安心を。

抜歯後の痛みと腫れ

抜歯して歯医者さんを出たのが10時40分。それからしばらくは痛みがありませんでした。

けれどお昼ごはんを食べて、13時を過ぎたころ、少し違和感を感じるようになりました。

抜歯したところが、少し痛む感じです。なんとなく痛いな、という感じで、痛み止めの薬を飲むほどではありません。

ところが徐々に痛みが増してきました。我慢できる痛みではあるのですが、どうしても抜歯したところが気になってしまうんですよね。

気にしているのが煩わしくなり、17時に痛み止めの薬を飲みました。すると5分後には、痛みがなくなりました(早い!)

薬を飲んだのは、初日の1回だけです。2日目以降は、全く飲まなかったです。痛みも全然ありませんでした。

抜歯後、顔が腫れることは一切なかったです。

抜歯の翌日、友人に会ったときも「全然腫れてないじゃん!抜歯したとは思えない」と言われました。それくらいいつも通りの顔だったのです。

ちなみに抜歯翌日、また歯医者さんに行きました。

抜歯したところの消毒をしてもらうためです。

消毒だけなので、1分で終わりました。これにて通院終了です。

親知らずの抜歯は痛くない・恐くない

抜歯って、痛い・恐いってイメージがありますよね。実際わたしもそうでした。

けれどいざ親知らずを抜歯して思ったことは

「こんなあっけなく終わるの?」

でした。

痛みもないし、歯を抜かれる恐怖もありませんでした。

本当にあっという間に終わったのです。

もし抜歯が恐いと思っている人がいましたら、わたしは声を大にして言いたいです。

「抜歯は痛くない!恐くない!」(個人差あり)

あなたに必要なのは、勇気だけです。

がんばってくださいね。応援してます!



スポンサーリンク
レンタグル(大)広告
レンタグル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタグル(大)広告