自分の行動は、思い込みからくるのも?思い込みを変えれば、行動も変わります

わたしたちの行動は、すべて「思い込み」からくるものです。

行動を変えたければ、思い込みを変えることです。

人は自分が思ったとおりに行動する

わたしたちの普段の行動は、「思い込み」で動いています。

“ わたしはこういう人間だ ”という思い込みによって、無意識に行動を選択しているのです。

どういうことかと言いますと、自分にふさわしいと思う行動をするのです。

たとえば、あなたは歯磨きはできますよね。

「わたしは歯磨きができる」と自分にインプットされていますから、無意識にでも歯を磨くことができます。

でも子どものころって、歯磨きはできませんでしたよね。

「わたしは歯磨きができない」と思って、自分では歯を磨きません。代わりにお母さんに磨いてもらいます。

これらはどちらも“ 自分はこういう人間だ ”と思い込んでの行動です。

  • 自分は歯磨きができると思う=歯を磨く
  • 自分は歯磨きができないと思う=歯を磨かない

つまり、思い込みによって行動を選択しているのです。

自分の思い込みと行動を一致させる

人間の脳は、矛盾を嫌うそうです。

さきほどの、「自分は歯磨きができる=歯を磨く」には矛盾がありませんよね。

では自分は「歯磨きができる=歯を磨かない」ではどうでしょうか。(意図的に磨かないのは別ですよ)

自分は歯が磨けるのに磨かないことは、矛盾があります。

思い込みと行動が一致していません。これでは脳が混乱してしまします。

なので、思い込みと行動を一致させるようにします。

一致させるとは、自分は歯磨きができるから歯を磨くという行動を、無意識にとるそうです。

しかも無意識に行動を一致させているので、顕在意識(人間が意識できる部分)では全くわからないのです。

思い込みが行動の発信源

わたしたちが意識せずに行動できるのは、無意識の力が働いているお陰です。

その無意識は、思い込みで作られています。

  1. 思い込み(自分はこういう人間だ)
  2. 選択(自分にふさわしいもの)
  3. 行動(立証する)

これがわたしたち人間の行動パターンです。

ということは、“自分はこういう人間だ”という思い込みが、行動の発信源なのです。

この事実を知ったときは、わたしは驚きました。

だって思い込みって、自覚がないじゃないですか。先ほどの歯磨きの例をとっても、自分は歯磨きができるなんて、意識したことなんてありません。

まぁ歯磨きはともかく、服を買うときだって思い込みじゃないですか。

  1. わたしは地味な女だ(思い込み)
  2. 地味な女には紺色のスカートがふさわしい(選択)
  3. 紺色のスカートを買う(行動)

って構図が成り立ちますよね。

わたしは地味な女って思い込んでいる。だから地味な服を選択して買う。

でもこの地味な女って、意識しないんですよね。

はじめから“ 紺色のスカートがほしい ”って、なるんですよ。

わたしは地味な女だって思い込む=無意識にインプットされています。だからあえて、顕在意識ではわざわざ“ 地味な女 ”って意識はあがってこないんです。

意識しなくても、無意識に紺色を選ぶのです。

もう自分は地味な女ってことが、自分の中に刻まれていますから、意識する必要がなんです。

伝わりますでしょうか。

ちなみに地味な女は、紺色がふさわしいっていうことはありません。

わかりやすくたとえただけで、紺色はどんな女性にでも似合うと思います。

とくに働く女性は、紺色とベージュは必須カラーですよね^^

よい思い込みを

すべての行動は、自分の思い込みでできています。

ならば、少しでも自分に対してよい思い込みをしたいですよね。

「思い込みを変えれば、行動が変わる」

これを意識するだけでも、よい思い込みをしようという気持ちになりませんか?

わたしは少しずつではありますが、自分に対してよい思い込みをしています。




スポンサーリンク
レンタグル(大)広告
レンタグル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタグル(大)広告