年下くんとのメールは、タメ口・短文!でも許せちゃうんです♪

スポンサーリンク

かわいい男子Jくんとのメールをする日々。

彼とのメールはほんと “ ラク ” でした。

婚活サイト上のメールでタメ口

Jくんとメールを始めて数日、すでにお互いタメ口になっていました。(早ッ!)

もちろん始めは敬語でメールをしていたのですが、気づいたらタメ口になっていましたねw

 

これはどちらかが「タメ口にしよう」と言ったわけではなく、なんとなく自然な流れで敬語がとれて、自然とタメ口になっていったんですよ。不思議ですね。

 

 

でもタメ口が嫌なわけではなく、むしろ “ ラク ” でいい。

そんなに気を遣うこともなく、友達感覚でメールができるって、すごくラクなんですよ。

 

これまでもたくさんの男性と婚活サイトを使ってメールをしてきましたが、基本的には敬語を使ってました。

まぁ年上男性とメールをすることが多かったのもありますが。

同い年や年下の男性もいて、多少タメ口を使うことはあっても、Jくんのようなフレンドリーさはなかったですね。

 

 

てかホント、Jくんがラフすぎるんですよ。会社の仲良い同期とメールをしてるのかってくらいの感覚になるというか。

仮にもしJくんと同じ職場で働いてたとしたら、さすがに同期のKくんほどじゃないだろうけど、Kくんと近いものがあったかもしれません。

 

Jくんはホント婚活相手と言うよりか、仲の良い友達って感じしかしませんね。

 

メールが短文すぎる誠意のない男?

Jくんのメールはタメ口でもありますが、短文でもあります。

とにかく1回のメールが短い!

 

「ただいま、今帰ったよ」

 

こんな感じ。

 

これ、結婚相手を探してる人の文章だと思いますか?

普通に考えたらあり得ないですよね?

まだ会ってもいない女性に対し、タメ口で、しかも短文で「ただいま」って。

 

 

そりゃ彼氏・彼女の仲になれば、こんなメールは当然ですよ。

けれどここは “ 婚活の場 ” 。結婚相手を探すのであれば、それなりの誠意(敬語)を見せなきゃいけないはずなのに、「今帰ったよ」って。。

 

本来なら怒ってもいいのかもしれないですけど、実は私にとってはウエルカムなんですよ。

というのも、私にとってこの短文は“ラク”で仕方ないんですよ( ̄▽ ̄)

 

スポンサーリンク

メールの返信内容を考えるのはしんどい

他の男性とは、内容を考えて返信をします。

返信しやすい文章を考えたり、あま私ばかりの話にならないよう、男性に質問を入れるとか、いろいろ気を遣ってます。

 

けれど、Jくんのメールは、ほぼ気を遣いません。

Jくん 「ただいま、今帰ったよ」
もみじ 「おかえり、お疲れさま」

こんな感じのやりとりで、考えることもありません。

 

これが本当にラクでね( ̄▽ ̄)

婚活相手というよりは、男友達か、メル友になってしまってるのかもしれません。

 

まぁそれはそれでいいかなと。

なにせJくん以外の複数の人ともメールしてますから。

少しでも考えてメールする負担を減らしたいんですよね。

 

なので、タメ口・短文のJくんですが、私にとっては最高に“ラク”で有難い人なんです。

でもそうは言ってもここは婚活の場。「メル友できて楽しい♪」じゃ話になりません。

やっぱり直接会って話してナンボじゃないですか。

 

メールがどんなに楽しくても、会って一瞬で終わってしまったら時間の無駄になってしまう。

 

 

そこで私は初めて、ある行動に出ました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました