Kさんに再びメッセージを送りました。返信待ちと、私の本当の気持ち

スポンサーリンク

緊張しながら、Kさんにメッセージを送りました。

返信が来るようにと願いを込めながら・・

気持ちが落ち着かないソワソワな一日

思い切って、KさんにLINEを送ります。

仕事が忙しそうで心配してます、って感じのメッセージ。

このメッセージに返信が来ることを祈って、ソワソワしながら休日を過ごします。

 

 

送信したのは、休日の昼下がり。

この時間ならKさんもリラックスしているだろうと、私なりに気を遣ったつもりです。

 

いつ私のメッセを読んでくれるかな?

 

気持ちが落ち着かなくて、常にスマホを片手に、既読の確認をしてしまいます。

10分おきに・・いや、5分おきに確認します。

 

そんなにマメに確認したからって、すぐに既読になるわけでもないのに。

気になって気になって、時にはトイレにまで持ち込んでしまう始末w

もうそれくらい気になって仕方なかったのです。

 

 

 

そんなことを繰り返していましたが、、

Kさんにメッセージを送って数時間が経ち、外はもう真っ暗になってしまいました。

 

いまだに既読にはなりません。

 

未読のままです。

 

休みだけど仕事しているのか、それともLINEに気づいてないのか、もしかしたらLINEブロックされてるか、、

またもや答えなんかわからないことに勝手に想像しては考えてしまいます。

 

あぁ、やっぱりダメなのかな・・

 

と思ったその時です。

 

念願の既読に感激!!

半ば諦めモードでLINEの画面を確認しました。

すると、いつの間にか既読になっていたのです!

 

「あ!読んでくれた!!」

私は思わず声を上げてしましました。

 

 

Kさん、読んでくれた!

私のメッセージを読んでくれた!!

嬉しい!!!

よかったー!!!

 

 

もう嬉しくて嬉しくて。このまま未読のだったらどうしよう、ブロックされてたらどうしよう、って、ものすごく不安だったんですよ。

でもこうやって既読になって、私のメッセージを読んでくれて。

 

ただ既読になっただけなのに、それだけなのにすごく嬉しかったです。

 

 

 

ひと通り喜びに浸ったあと、今度は返信に期待をします。

 

だって読んでくれたってことは、返信が来るってことでしょ?

私のメッセージに、返信をしてくれるでしょ?

 

どんな返信がくるかはわからないけど、どんな内容でも構わない、Kさんからなんらかの返信があれば、それだけで嬉しいと思いました。

 

既読スルーに不安と焦り

既読になってから数時間。

気持ちがドンドン下がっています。

Kさんからの返信はありません。

 

あんなに喜んでいたのもつかの間、次第に返信がないことに不安や焦りの気持ちが増してきます。

 

Kさんせっかく読んでくれたのに、なんで返信くれないんだろう・・

 

既読スルーの状態が続くと、またしてもネガティブワードに陥ってしまいます。

考えても仕方のないことを、つい考えてしまします。

 

グルグルと変な想像を巡らせは、勝手に落ち込む。

もしものことを考えては、不安が増していく。

 

考えても、想像しても、Kさんの思いなんてわかるはずがないのに、意味のないことに悩んでは落ち込む自分がまたつらい、、

 

 

気づけば深夜0時を過ぎ、それでもずっとスマホを握りしめています。

Kさんからの返信を待って、、

 

スポンサーリンク

本当はわかってる自分の気持ち

でもね、本当は気づいているんですよ。

自分でも、Kさんから返信がないだろうって、わかっているんですよ。

 

それでもね、気づかないフリをして、もしかしたらなんて、わずかな可能性にかけてみて。

奇跡が起こるかもしれない、諦めたら奇跡さえも起こらなくなっちゃうかもしれない、なんて、自分で自分に言い訳をして、諦めることをしたくないわけで。

 

だってまたフラれることが嫌で、怖くてね。

 

どうでもいい人からは好かれて、私がいいなって思った人にはフラれて。

どんなに強く想っても、想いは届かなくて、踏みにじられて、拒否されて。

そんなことされたらつらいじゃないですか、苦しいじゃないですか。

 

不幸のどん底に落とされた気分になって、なんで私ばっかりこんな目に、、と悲しんで。

 

本当はもうKさんからメッセージが来ないことは心の中でわかっていても、それを認めたくなかったんですよね。

 

 

バカな女・惨めな女になりたくなくて、、

 

 

でもね、もう無理だね。

これ以上、自分で自分のことを良く見せようとしても、もう無理。

 

事実を受け止めないと、さらに惨めな女になっちゃうよ、、

 

 

 

この日は結局、Kさんからの返信はありませんでした。

 

次の日の、その次の日も、さらに次の日も、そしてこれから先もずっと、Kさんからの返信はありません。

 

 

これで完全に、Kさんとの関係は終わりました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました