既読になのに、返信がないです。そして不安が押し寄せる、、

スポンサーリンク

Kさんから返信がないまま、1日が終わりました。

不安と、疑問と、焦る気持ちでいっぱいになってきます。

考えたくないけど、もしかして嫌われた・・?

月曜日の朝、起きてすぐさまスマホを手に取りました。

そして焦る思いで、画面を見ると、、

 

なんのメッセージもありません。

 

既読されたまま、返信はありませんでした。

 

 

なんで?

なんで返信くれないの、、?

 

昨夜遅くまで待っていても、今朝になってもKさんからのメッセージは届きません。

なにがあったというのか、、Kさんを心配をします。

 

ですがその一方で、できれば考えたくない、いや絶対に考えたくないことを、否が応でも頭をよぎります。

 

もしかして私、嫌われた・・?

 

 

こんなこと、考えたくない、考えたくないですよ!考えたくないけど、、

 

婚活をしてれば、なんとなくわかることもあるんです。

これまでのメールのやりとり、LINEの頻度、会ったときの印象、その後の反応。

お互いがお互いのことを気に入ったなら、その後の反応はさらに盛り上がっていきます。

 

 

でもどちらか片方が気に入っても、もう片方がちょっと、、となったら、空気が自然と冷めていきます。

この空気って、2人で感じる空気、空気感のようなもの。

 

会うまではどんな人だろうと、空気の温度は上がっていきますが、どちらかが「ないな」と思えば、空気の温度(熱)下がっていきます。

 

 

この「熱が冷めた感じ」って、感じ方は人それぞれだけど、みんな経験してるんじゃないのかな?

こればかっかりは肌感覚で言ってるので、必ずしも誰でもわかることではありません。

 

しかも婚活で出会って、付き合う前のことを言っているので、ちょっとわかりにくいかもしれませんね。
(付き合ってる2人が「冷めた」と言えばわかりやすいと思うのですが)

 

 

そんなこれまでの婚活の経験が活きてか、Kさんとの間になんとなく感じるこの空気感。

 

それは決していいものではなく、悪い方の空気にしか感じられないのです。

 

スポンサーリンク

わずかな可能性にかけて、今日1日返信を待つ

私は仕事中にも関わらず、朝から何度もスマホをチェックしてました。

だって今日は月曜日ですから、Kさんだって仕事に行ってるはず。だからもしかしたら今日こそはメッセージが来るかもしれないし!

 

そんな思いから、暇さえあればスマホの画面ばかりを見ていました。

 

 

実際に、メッセージが来る可能性が低いことは、薄々わかっています。

わかっていても、わずかな可能性にかけてみたかったのです。

 

そして心の中で

「Kさん、お願い・・!!」

と強く強く念じ、上の空で仕事に取組みました。

 

 

 

午前の仕事が終わって、お昼休みがきました。

コンビニのお弁当でお腹を満たします。

そしてまた午後の仕事をこなす。

 

 

18時、業務終了。

先輩にお先に失礼しますといって、会社を出ます。

家に着いて、テレビをつけます。

お笑い番組を観ますが、ちっともおもしろくありません。

 

 

お腹が減ったので、夕飯を食べます。

けれど、なんにも作る気が起きません。

なので、カップ麺と、実家でもらった高級バウムクーヘンを食べます。

ここのバウムクーヘン、いつもは美味しく感じるのに、今日は美味しくないな。

ただ食べて胃の中に流し込むだけ。

 

 

21時。

お風呂はシャワーを浴びるだけです。

なんかもう体力が残っておらず、シャワーを浴びるだけで精一杯。

 

 

22時。

眠くなってきました。

昨夜はほどんど寝ていなかったので、さすがに今日は眠い。

でもなかなか寝付けません。

ベッドの中でゴロゴロゴロ。

 

 

0時。

今日が終わりました。

 

スマホを見ます。

 

Kさんからの返信はありません。

 

 

今日1日、ずっと待っていました。

Kさんからの返信を。

来ないとわかっていても、心のどこかで期待してました。

 

 

それなのに、、Kさん・・。

コメント

タイトルとURLをコピーしました