告白の返事は、まさかの・・?自分で言ったことなのに、自分で驚いています

Iさんと向かい合ってる席で、

「もみじさん、今日はお話ししたいことがあります」

と言われ、心臓がドキドキする私。

予想通りの告白

やっぱりきた・・

そう心の中でつぶやきました。

 

Iさんの真剣な面持ちに、思わず私の背筋が伸びます。

 

「もみじさん、今日はお話ししたいことがあります」

と言われ

「はい・・」

とか細い声で返事をする私。

 

そして

 

「僕はもみじさんと価値観が似ていると思っています。だから気が合うと思います」

 

 

 

 

 

 

ドキ

 

 

 

 

 

 

 

 

ドキ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「僕は、もみじさんとお付き合いしたいです。」

 

 

 

 

 

Iさんの真剣な表情を目の前にして、言葉が出ません。

 

いや、正確に言うと、なんて言っていいのかわかりません。

 

 

もちろん、好意を持ってくれていることは有難いのです。

ですが、Iさんから告白された瞬間、私の頭の中をよぎったのは、

 

Jくん、、

 

 

 

 

 

数秒間、沈黙が続きます。

 

返事をしなきゃ・・

 

告白の返事は無意識に〇○○○○と

返事をしなきゃ・・このまま黙り続けるわけにはいきません。

私は意を決して言いました。

 

 

 

「お気持ちは有難いのですが・・ごめんなさい」

 

 

 

なんと、お断りをしてしまいました。

 

 

これには、私自身でも驚きました。自分で断っておきながら驚くって、そんななのないでしょ?って思われるかもしれませんね。

 

本当は私の中では

「まだIさんのことがよくわからないので、もう少し時間をもらえませんか?」

って、告白の返事を先延ばしにしてもらおうと考えていたのです。

 

 

 

でも、時間が欲しいって言おうとした瞬間に、

 

Iさんの時間を無駄にしちゃいけない

 

ってとっさに思ったのです。

 

 

 

だってここで告白の返事を延ばしてしまったら、Iさんを縛りつけることになります。

私からの返事を期待して、他の女性と会うこともなく、ただ待つだけの日々。

 

でも待つだけ待って、私が結局お断りをしてしまったら、それまでの期間、時間の無駄になっちゃいますよね。

 

もし今お断りすれば、また明日から婚活ができるのに、時間を有効活用できるのに、私のわがままのためにIさんの時間を奪うなんて、そんなことできないって思いました。

 

 

だから無意識に

「ごめんなさい」

って言葉が出てしまったのかもしれません。

 

 

Iさんは私の返事に対し

「そうですか。わかりました」

と言って、お断りの理由を聞かれることはありませんでした。

 

スポンサーリンク

Iさんとの別れ

お店を出て、最後にIさんにお礼をいいます。

「今日は素敵なお店を選んでくれて、ありがとうございました。お料理もおいしかったです。
それと、、Iさんと一緒にいれたことも、すごく楽しかったです。」

 

その言葉に対し、Iさんは

 

「僕も、もみじさんと一緒に過ごした時間は楽しかったです。今まで本当にありがとうございました。」

 

と言ってくれました。

 

 

夜でしたので辺りが暗く、Iさんの表情はよくわかりません。

でもどこか寂しそうな雰囲気にも見えました。

 

 

私はIさんに深々と頭を下げ、その場をあとにしました。

 

 

 

 

Iさんはとても優しい人です。

Iさんとお付き合いすれば、結婚すれば、幸せになっていたかもしれません。

でも私は自らの手で、その幸せを手放してしまいました。

 

 

 

これでよかったのかどうか、わかりません。

正直、惜しいことしたな・・って気持ちもあります。

でも、それ以上にIさんの時間を、気持ちを奪いたくなかったのです。

 

 

そして、心の中ではJくん、、とつぶやく私がいました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました