Iさんとの方が幸せな結婚ができるかな、、でも、私の心が惹かれるのは・・

Jくんに「姉ちゃんみたい」と言われ、フラフラの状態で家に帰ってきました。

姉ちゃんか・・

ショックでなにもする気にはならないです。

「また会いたい」と言われず落ち込む

Jくんにとっての「姉ちゃん」は、親しみを込めて言ってくれたのかもしれません。

深い意味はなく「もみじさんは姉ちゃんみたいだけど可愛い」という意味ならば、まだ希望が持てるけど・・結局どんなつもりで言ったのかは聞けませんでした。

 

そして今回のデートでも、連絡先(LINE)を聞かれることもなかったです。

 

 

「また会おう」と言われることもなく、、

 

 

別れ際、「じゃあね」と言ってたけど、「またね」とは言わなくて、、

 

 

Jくんにとっては“ また会いたい ”って気持ちがないから「またね」って言わなかったのかな、、

 

 

勝手に彼の気持ちを想像しては、さらに私の気持ちは落ち込んでいきました。

 

 

 

 

そんなとき、Iさんからメールが届きました。

「もみじさんがおもしろいって言ってたテレビ番組を観ました!すごくおもしろかったです!」

 

あぁ、そういえば、、

ふと、2回目の面会のときのことを思い出しました。

 

 

Iさんと映画を観終えたあと、カフェに移動して、小一時間ほどお喋りをしてました。

そのとき

「私、○○っていうテレビ番組が好きなんですよ。芸人がすごくおもしろいんです!」

と話をしたんです。

 

Iさんはその番組を観たことがなかったようで

「今度僕も観てみますね」

と言ってくれました。

 

私はIさんがその番組を本当に観るかどうかなんて全く気にせず、それどころか、Iさんからメールが送られるまで、そんな話をしていたことすら忘れていました。

でもIさんは私の話をちゃんと覚えてくれてて、テレビを観て、きとんと感想まで送ってくれたんです。

 

 

あぁ、Iさんは律儀な人だなぁ、優しい人だなぁ、と思いました。

 

そして、Iさんとならこれから先、うまくやっていけるのかもしれないなぁ、、とも。

 

スポンサーリンク

結婚のチャンスが目の前にある!なのに、、

どんなにIさんが律儀でも、優しくても、心がIさんに向きません。

頭ではわかっています。私に好意を寄せてくれているIさんと付き合えば、結婚までたどり着けると思います。

 

 

夢にまで見た結婚。そのチャンスがいま目の前にあるのです。

 

 

わかってます。わかっているけど、、

 

 

 

頭では理解しても、心がついてきません。

 

Iさんとなら、結婚ができる!
Iさんとなら、幸せになれる!
Iさんとなら・・・

 

そう自分に言い聞かせてみました。

 

それでもしっくりせず、どこか心がモヤモヤと、、

 

ハァ~

 

大きくため息をつきました。

 

 

頭ではわかってるつもりでも、本当はわかっていないんだと思います。

 

わかっていたら、なんの迷いもなく、Iさんとの将来を思い描きますからね。

 

でもそれができないってことは、、

 

 

つまり、、

 

 

私が望んでいるのはやっぱり・・

コメント

タイトルとURLをコピーしました