女の堪が当たる?!それでもまた彼に会いたい。でも・・

Jくんと話せば話すほど、「女慣れしてる」って堪が働きます。

でもその “ 堪 ” が当たってました。

お姉さんが3人いる末っ子の実態

話の流れで、Jくんの家族の話になりました。

するとJくんが

「ウチは姉が3人いてさ」

と言いました。

 

私は思わず

「お姉さん3人?!」

って大きな声を出してしまいました。

 

だってお姉さん3人って、すごくないですか?!

まぁ私の実家は田舎でして、周りに4人兄弟なんかいくらでもいますけどw

 

 

ただ、目の前にいる彼が子どものころ、お姉さんたちにめんどうを見てもらってたんだと思うと・・うん、見事に女性に囲まれた生活が目に浮かぶ。

 

たぶん、おままごとやお人形さん遊びも一緒にしてたと思うし、Jくんもお姉さんたちのおもちゃになってたはずw

そして、女性の生態について、かなり詳しくなってるはずww

女性に対して、言っていいこと、悪いこととか、よーくわかっているはずwww

 

 

そうかそうか、なるほどね、女性慣れしてたのは、身近にお姉さんたちがいたからなのね。

私に対する自然なエスコートも、お姉さんたちによって鍛えられたんだね。

女性に警戒心を与えないのも、自然なタメ口も、すべてお姉さんたちに囲まれてた影響だったのね。

 

と、妙に納得しちゃいまいました。

 

 

それと同時に、ちょっと安心もしました。

 

というのも、この「女性慣れ」がお姉さんではなく、他の女性だったら嫌だと思って。

Jくんが周りの女性からモテて、自然と女性の扱いが上手くなった、って話しになると気が引ける、、

でもお姉さんたちの影響とわかった途端、「お姉さんでよかった」とはさすがに思わなかったけど、まぁそれなら仕方ないな、って思いましたね。

 

そして、やっぱり私の ” 堪 ” は当たっていたんだとも。

 

スポンサーリンク

 

Jくんにまた会いたい。けど・・

Jくんのお姉さんのことには驚いたものの、やっぱりなんだかんだで話しやすい人です。

気を遣わず、言いたいこと言って、笑える。メールのやりとりもラクでしたが、実際会って話してもラクだなと感じました。

 

また会いたいな

 

そう思いました。

でもJくんは私のことどう思ってるんだろう。また会いたいって思ってくれてるのかな、、?

 

 

言いたいこと言ってるはずなのに、肝心なことは言えません。

というか、なんて言っていいのかわかりません。

 

 

素直に「また会いたい」って言えばいいんだろうけど、そんなこと言って、もしJくんが私のこと気に入ってくれてなかったらどうしよう、、

私のプライドが高いのか、傷つきたくないのか、はたまたJくんから次回のお誘いを期待しているのか・・

 

素直になれず、自分が傷つかないように、でもまた会うにはどうしたらいいんだろうと、そんなことを頭の中でグルグルさせてました。

 

 

 

Jくんと会ってから、2時間が過ぎました。

じゃあそろそろ・・という雰囲気になり、解散することになりました。

 

お会計を済ませ(Jくんがご馳走してくれました)お店を出ました。

私が

「ご馳走さまでした。今日はホントに楽しかったよ!」

と言うと、Jくんは

「うん、オレも楽しかったよ!」

と言ってくれました。

 

 

そして「じゃあね」といって解散しました。

 

 

結局、“また会いたい”とも言えずに。

 

 

Jくんからも“また会いたい”と言われずに・・・

コメント

タイトルとURLをコピーしました