アラフォー女、婚活パーティーに参加!いきなり歳の差について考える

とにもかくにも、婚活パーティーに参加しまくって、結婚相手に出会おうと必死になったわたし。

手っ取り早く、婚活パーティーに参加することにしました。

※念のために言っておきますが、わたしは元彼との復縁を望んでいます。けれど、復縁を望みながらも婚活をするという、気持ちと行動がちぐはぐな状態で活動していました。

復縁の件に関しましては、また後ほどゆっくり書きたいと思います。

年齢制限は、絶対条件

わたしが「絶対結婚してやる!!」と決意してから、一番始めに参加した婚活パーティーは、

「30代、40代 男女各20名ずつ」

というものでした。

婚活パーティーに参加するにあたり、わたしが重視したのは年齢制限でした。

わたしは30代後半です。30代後半の女性が、20代の女性と同じ土俵(パーティー)に立っても、勝ち目はありません。

なので、20代のいない、30代40代だけが参加できるパーティーを選択しました。

ちなみに年齢って本当に重要で、プロフィールカードに書かれた年齢を見て、露骨に嫌な顔をする男性がいるくらいです!!

いやほとんどの男性は、内心どう思っているかわかりませんが、自分より年上の女性相手でも、紳士的な対応をしてくれます。

でも中には、つまらなそうな、やる気ない態度をする男性もいるのです。

そんな男性は今までに数人しか会っていませんが、嫌な思いをしたので強烈に覚えていますね(;´Д`)

ってなわけで、安心して参加できる「30代40代限定パーティー」に参加しました。

若干緊張しつつも、期待を込めて参加したパーティーですが、驚愕の事実を突きつけられることになります。

婚活パーティーへ、いざ出陣

駅近くの貸会議室のようなところでパーティーは開催されました。

入口に入って、受付で自分の名前を言って、参加費3,000円を支払います。

その後、プロフィールカードと番号札を渡され、番号札と同じ番号の席についてくださいと促されます。

部屋の中には、長いテーブルと椅子がありました。

テーブルの上に番号札が置かれていて、受付で渡された自分の番号の席につきます。

婚活パーティーは会場によってですが、この長いテーブルはあったり、なかったりします。

椅子だけ置かれていて、テーブルがない状態で男女向かい合わせて座って話をすることもあります。

わたしはどちらかというと、テーブルがあった方が落ち着きますけどね。

というのも、プロフィールを書くときはテーブルがあった方が書きやすいです。

それに、テーブルがなくて椅子だけだと、男性との距離が結構近くて、ちょっと抵抗を感じるときもあるんですよね。

さて、自分の番号の席に着いてプロフィールを書き始めました。

ですが、この時点で違和感を感じ始めます。

「アレ?男性の年齢が高くない・・?」

10歳の年の差について考える

着席してすぐに気づいたことは、男性参加者の年齢が高そう、ということでした。

見た目だけで判断するのは失礼ですが、パッと見た感じ、参加者全員が40代に見えました。

別に全然40代の方はいいんですよ。だって「30代40代婚活パーティー」ですから。

ただ、これはわたしの勝手な思い込みなんですけどね。

「40代」の参加者って、40前半~40半ばをイメージしていたんですよ。

でも、どう見ても、目の前に座っている方たちは、

40後半にしか見えないんです。

いやもちろん40代には変わりはないんですけど、なんというか・・さすがに歳の差10歳はキツイなと思ってしまったのです(男性のみなさんごめんなさい!)

20代のころは、10歳くらい年上の男性でも全然気になりませんでした。

むしろ大人の男性を「素敵♡」と言っていましたからね。

でも30後半になり、今はもうあの頃の気持ちは薄れてきました。

世間や親の目、将来旦那さんの介護をしなければならないのかなど、(仮に10歳離れていると、わたしが60歳の時、旦那さんは70歳ですからね)現実問題と向き合うと、どうしても歳の差は気になってしまうものです。

わたしが40前半なら、40後半の男性を目の前にしたら喜んでいたと思います。

けれど、わたしはかろうじて30代後半。まだまだ大人の男性を受け入れられない未熟者です。

(※年の差を否定しているのではありません。年が離れていても、素敵なご夫婦はわたしの周りにもたくさんいます。ただ、わたしが個人的に同年代を希望しているだけです)

そんなこんなで色んなことを頭の中を駆け巡っていると、気づいたら参加者全員揃っていました。

ここからパーティーがスタートです。



スポンサーリンク
レンタグル(大)広告
レンタグル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタグル(大)広告