マッチングシートに意中の男性を記入したくても、、知らない男性を思い出すのに精一杯!

1回目のフリータイムが終わって、2回目のフリータイムです。

「あの、、ここ座ってもいいですか?」

男性に声をかけられました。

顔を上げるとそこには・・

喜劇!喜んだのもつかの間

「あの男性が来てくれた!!」

そう思って顔を上げました。

 

念じてたことがあの男性に伝わったんだ(≧∇≦)

 

嬉しくて嬉しくて、ニコニコしながら顔を上げたら

 

 

・・へ?

 

あなた、だれ・・?

 

 

 

 

そこには知らない男性が立っていました。

 

 

いや知らないってことはありません。今目の前に立っている男性も、婚活パーティーの参加者のひとりですから。

 

なので正確に言えば「さっきの5分トークで喋ったけれど、記憶に残ってない人」

 

てことで、知らない男性改め、記憶に残っていない男性が私の前に立っていました。

 

 

 

私がボーっとその男性を見上げ、記憶を思い出そうとしていると

「お話ししたいので、座っていいですか・・?」

と男性が。

 

ハッと我に返り

「あ、どうぞ(汗)」

と返事をしました。

 

男性は着席するなり

「さっき、趣味の旅行の話をしましたよね」

と会話をリードしてくれます。

 

え?旅行の話?

したような気がするけど、、

てか、いろんな人と旅行の話したから、覚えてないよぉ(汗)

って言っても忘れましたとも言えないし、、

とりあえず思い出そう。

えーっと、どんな話をしたっけかなぁ・・?

 

必死に記憶をよみがえらせようとします。

 

やっと思い出した!瞬間に・・

男性はどんどん話を進めていきます。自分はこんな場所へ行って、こんなことをした、とか。

とりあえず私も「そうなんですね」と相づちを打ちながら話は聞いていましたが、いまだこの男性のことを思い出しません。

 

そして

「私も大阪で行きたいところがありまして・・」

と男性がなにか話始めようとしたとき、思い出しました。

 

あ~!大阪のユニバーサルスタジオジャパンの話をした人だ!ってね。

 

そうそう、この男性とは旅行の話をして、私は大阪のUSJが楽しかったって話をしたんだった。

そうだそうだ、思い出した!

・・って、やっとの思い出すことができましたw

 

いやあまりにも回転スピードの速い婚活パーティーなので、一人ひとりのことなんか覚えられませんよ。

 

 

やっとのことで思い出せたのですが、その数分後、

「フリータイム終了です!」

と合図が入りました。

 

 

え?もう?

 

 

一瞬、私はびっくりしました。

だってこの男性のことを思い出すのに必死で、まともな会話ができなかったですから。

 

 

 

続けて司会者さんから

「今からカップリングシートに、第1から第3希望まで記入してもらいます。記入が終わりましたら、近くにいるスタッフに渡してください」

と説明が入りました。

 

 

この時、ハッとしました。

 

私、あの気になる男性と話せなかった・・

 

スポンサーリンク

怒りの妄想爆発?

「記憶に残っていない男性」の記憶を思い出すことに必死で、気になる男性がどこにいるのかも、全くわかりません。

現実を直視したくなかったのかw 私は変な妄想を始めます。

 

てかそもそも、あの男性、私のところに来てくれなかった、、

あぁ、残念、、でも仕方ないよね

 

 

と思ったけど、ふいにこう考えが変わりました。

 

ん?いや、待てよ?

来てくれなかったんじゃなく、もしかしたら来ようとしてた?

でも来れなかった?

 

うん、その可能性はある!

だって「記憶に残っていない男性」が先に私のところに来ちゃったから。

 

だからあの男性は、私のところに来たくても、この男性が先に来ちゃったから、諦めたとか、、

 

だとしたら・・

 

なによこの記憶に残ってない男めー!!

ウキー!!!(怒)ヽ(`Д´)ノ

 

 

まぁこれは私の勝手な妄想(解釈)ではありますけどね。

 

でも気になる男性とも話はできなかったし、番号もわからないままだったので、なんかこの記憶に残ってない男性のせいにしたかったんですよねw

 

カップリングシートは未記入

他に気になる男性もいないし、結局カップリングシートは白紙のまま提出しました。

 

その後、カップルになった人の番号が読み上げられ、カップルにならなかった人たちは退散となります。

 

 

帰り際、例の気になる男性も一緒に退散組に入ってると思って見ていたら・・

彼は会場に残ったままでした。

 

そして、若い女性(たぶん20代)に声をかけ、なにやら雰囲気良さげでした。

 

 

ってことは、あの気になる男性は、他の女性とカップルになっていたのです。(;´Д`)

 

 

はぁ、、

 

 

ガックリ肩を落として自宅に帰りました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました