「何歳?」と聞かれて答えられるのは、20代だけ!婚活の場で年齢はタブーです

若い女の子と同じテーブルになり、街コン始まる前からすでに敗北感でいっぱいでした。

そしてこれからいよいよ、街コンの開始です。

街コンの場に馴染めない

「カンパーイ!!」

参加者全員グラスを手にとり、乾杯の音頭で街コンがスタートしました。

レストランでの開催の街コンではありますけれど、なんと、お酒も出たんです。

 

昼間っからお酒を飲みながらいい人見つけましょうって、単純に、すごい企画を考えた人もいたもんだと思いましたね。

 

 

ですが・・肝心の運命の人を見つけるべく、「お話」ができません。

 

1つのテーブルで男女合わせて6名が喋るものですからね。

なかなか自分から発言はできないし、、

 

 

というか、すでに男性陣の目は、若い子に向いているのがあからさまにわかって(泣)

もう目線が違うのがわかる!!悲しいけど

 

 

それでも、気を遣って私にも話しかけてくれる男性もいましたね。

この時ばかりはこの優しさが、とても有難いと感じたものです。

 

私と話をしてくれる男性と、会話を盛り上げてみようとも試みました。

でもやっぱり1つのテーブルでみんなで喋ることの方が多くて、じっくり2人で話そうって雰囲気ではないというか、、

ちょっと難しさを感じました。

 

 

街コン自体は和気あいあいとした雰囲気でよかったのですけどね。

ですが初参加ということもあり、どことなく場の雰囲気に馴染めない私がいました。

 

そんなとき、さらに孤独を感じるような出来事が起こりました。

 

婚活で年齢の話はタブー

街コンも中盤に差し掛かろうとしたときのことです。

男性参加者から、ある質問が出ました。

 

「何歳なの?」

 

これって、婚活の世界じゃタブーとされてますよね。

とくに、男性から女性に年齢を聞くことは、暗黙の了解でNGとされています。

 

ですがお酒が入ってたせいか、男性から女性陣に向かって、年齢を聞かれたのです。

 

う、、その質問は・・

 

私がなんて返答しようか(ごまかそうか)考えます。

 

36歳とは絶対言えないし、アラフォーとも言いたくない。

かと言って、「何歳に見えます?」なんて言って、年齢当てゲームなんかされても嫌だし、、

 

 

 

悶々と考えていると、隣に座ってる女の子が答えました。

 

 

「24歳です」

 

 

 

・・はい?

24?

24歳?!

 

あなた、24歳ですかー!!!

 

スポンサーリンク

心の中で発狂する

女の子が24歳と知って、動揺が隠せません。

以下、心の声をお聞きください↓↓

 

24歳?!

ねぇあなた、24歳なの?!

 

24歳って、私36歳よ?!

あなたとひと回り違うのよ?!

12歳差よ?!

てことは、私たち同じ干支よ?!

同じ干支・・

 

ワーイ、仲間ね\(^o^)/

 

なんて話じゃなくて!!!

 

 

どうりで若いはずだわ、、

肌のハリが違うし、髪のツヤも違う

体型も、喋り方も、全然違う

服装も、髪型も、すれてない感じも

なにもかも、すべて違う

 

 

そりゃそうよね

ひと回りも違うんだから

こっちは水分なくて顔に粉吹きまくっても

あなたはまだまだ潤ってて、肌もしっとりふっくら

 

そりゃ男だけじゃなく、女の私から見ても可愛いと思うよ

私にもそんな時代はあったけど、、

フッ・・今はもう昔の話よ

って、そうじゃなーい!!

 

私は自分より12歳も若い子と一緒に合コン(街コン)してたの?!

そんなの不利じゃん!!

 

男どもは、みんな彼女たちの方に向く

私の方にはだれも向かない

そんな状況で必死に笑顔を振りまいても、意味ないじゃん!!

 

てか、だれがこの席順決めたのよ!!(怒)

もう少し配慮してくれたっていいじゃん!!!!!(激怒)

 

 

24歳と36歳じゃ・・

そりゃなにやっても勝ち目ないよぉ~;つД`)

 

どんなに戦っても、勝ち目はない

とまぁ、心の中でだいぶ振り乱しましたが、、

女の子の口から「24歳」と聞いたときは、おったまげましたね(平野ノラらぶ)

 

普通に考えて、24歳と36歳の女性がいたら、当然24歳の方に目がいきますよね。

(年をとっても魅力的な女性はたくさんいますが、それはここでは置いといて)

 

 

どんなに私が闘争心メラメラで男性にアピールしても、若い女の子が笑うだけで、それだけ彼女の勝ちというか。

 

なにをやっても負けの戦いに思いました。

 

ていうか、戦うという前に、同じ土俵にすら立ててないんですけどね。

 

 

そんなわけで、24歳という言葉にボディーブローを連打されたような気分になり、完全に敗者となったわけです。

 

 

 

あ、ちなみに私の年齢は聞かれなかったです。

酔っていたとはいえ、さすがに男性も察してくれたんだと思います。

それもまた悲しいですけど。泣

コメント

タイトルとURLをコピーしました