36歳、厄年は悲劇の連続?!焦って行動して、変なオトコを引き寄せる

36歳、本厄の悲劇

さて、ここから36歳編になります。

36歳っていうと、どうしても避けて通れないものがあるんですよね。

 

 

それは、厄年

 

 

女の36歳は、前厄です。

 

もうね、本当に厄がついてるのかってくらい、悲惨な目に遭いましたよ(T_T)

 

 

そもそも同じ会社の彼と35歳から36歳に渡って付き合ってたわけで。

彼とのお別れもフェードアウト(自然消滅)ですから、いつが終わりかもはっきりせず。

 

そのため、婚活再開するまでにちょと時間がかかりましてね。

気づけば36歳も残りわずかって時に、やっと婚活を始めまして。

 

そんな短い期間にも関わらず、これでもかってくらい、いろんな出来事が起きました。

 

なので36歳の婚活は、本当に悲惨なものでして、、(涙)

 

 

今でこそ「あの時は厄年だったしね」って笑えるけど、当時は笑えなかったですね。。

 

初めて街コンと料理コンに参加するも・・

まぁこれまでも悲惨な目には遭ってきましたが。

それまでとはちょっとレベルが違うというか。

というのも35歳までの婚活は、主に、結婚相談所、婚活サイト、婚活パーティーで活動してました。

 

ですが36歳編では初めて、街コン料理コンに参加することになったのです!

 

 

始めは初めてのことでワクワクして、楽しんでいたのですが・・

 

これがのちに悲劇になろうとは、当時は思いもしませんでしたね(:_;)

 

もちろん、素敵な男性もいて、いいこともありましたよ!

けれど人間って、なぜかつらい思いばかり記憶に残ってしまうんですよね(悲)

 

ていうか、あまりにもインパクトが強すぎて、いい人の存在がかすんで見えちゃうのかな。

詳しいことはこのあと書いていきますが、まぁ36歳でも、多くの学びがありましたね。

 

 

その学びの中で特に強調したいことは

 

自分の身は、自分で守る!

 

ってことです。

 

え?なにそれ?

もみじの身になにかあったの?

まさか男性から強引に・・

 

って思った方、安心してください!(とにかく明るい安村風に。懐かしー)

なにもされてませんから!!笑

 

 

なにもされてはないけれど、一歩間違えれば、そうなっていたかもしれません。

そういった意味で、いろんな経験と学びがあった年でもありました。

 

スポンサーリンク

気持ちが焦ると、焦っている男性を引き寄せる

それでもね、どんな悲惨な目遭っても、婚活は続けていました。

だって36歳の期間も、残り少なくなっていて、気持ちばかり焦っていましたから。

 

「どうしよう、またトシ(年齢)をとっちゃう、やばい・・」

 

そんな気持ちで婚活してたから、もしかしたらこの年に出会った男性は、私が引き寄せたのかもしれません。

今思い返してみれば、たしかに男性たちも焦っている人たちが多かったですもん、いろんな意味でね。

 

 

類は友を呼ぶとか、引き寄せの法則とかで言うならば、自分と同じ(似た)人が引き寄せられるっていうじゃないですか。

(本当に引き寄せの法則があるかどうかは別としてね)

 

 

当時は全く思わなかったけど、今なら類友とか引き寄せとか、あの時はそういうのがあったのかもしれないな、と思えます。

私の焦りの気持ちから、同じく焦った男性を引き寄せたのかなと。

 

ただの偶然かもしれませんが、そういう風に思うと、今後の自分の考えや身の振り方を正せていいのかな~と思いますね。

 

 

 

焦ってもいいことないとわかっていても、やっぱり焦ってしまうのがアラフォー世代。

36歳の私も、焦りの行動から、のちに悲惨な目に遭うという、失敗の連続で(涙)

それでも結婚の夢は諦められず、ひたすら婚活に励んでいました。

 

 

相変わらず、頑張って行動しては、ヘコむことがあって。

それでもまた復活してと、ドタバタな婚活をしておりますが、、

 

引き続き【36歳編】をお楽しみいただけたら嬉しいですm(_ _)m

コメント

タイトルとURLをコピーしました