会いたくない気持ちが溢れ出ても、条件がいいから関係を終わりにできない

わたしがパンケーキを食べ終えた瞬間、Sさんは「出ましょうか」と言って席を立ち、お店を出て車に乗り込みました。

わたしも慌ててSさんのあとを追いかけます。

1.新たに婚活パーティーでカップルになった男性は、長身のイケメン!

2. 突然映画に誘われて?用があるときしか、LINEをしない?イケメンの行動を垣間見る

3. 初デートは映画館!Sさんの勘違いに疲れつつも、楽しく映画鑑賞しました

4. 婚活相手の食べ方にドン引き!食べ方が汚い?デート中に、早食い競争?

5. Sさんは待てない男?!LINEの返信を待てず、電話しました?!

6. 楽しいドライブデートをするはずが、まさかの事故車に!それでもデートを強制的に続行!!

7. 「急かされるのが苦手」と正直に気持ちを伝えました。状況が好転すると思ったのですが、、

言葉と態度の違い

車に乗ってすぐにSさんは、

「パンケーキ美味しかったですね!また行きましょうね!」

と言いました。

わたしは若干ひきつった笑顔で

「そうですね・・」

としか言えませんでした。

パンケーキを食べる前、「急かされるのは苦手」と言いました。

それを言ったお陰か、今回は食事中に急かされることはありませんでした。

言葉ではね。

言葉では急かされることはなかったけれど、明らかに態度には出ていました。

早く店を出たいのか、Sさんの体は出口に向いていたし、なにより、退屈そうな顔をしていました。

始めはただのわたしの思い込みかな?って考えたけど、わたしがパンケーキを食べ終えた瞬間に、お店を出ていったし、、

やっぱり思い込みじゃなかったんだ。

それなのにSさんの「また行きましょうね」って言葉。彼はどんな思いで言ったのだろう。

あんなにつまらなそうな顔をしていたのに、、

Sさんのことがますますわからなくなりました。

加えて、今まで抑えてた思いが溢れそうになりました。

「急かされるのも、Sさんのペースに合わせるのも、もう嫌だ」

って思いが、一気に溢れ出してきます。

会いたくない思いがあふれ出る

帰り道の車中では、一応、Sさんとはそれなにり話はしました。といっても、ほとんど世間話ですけど。

さすがにSさんのことが嫌になりかけても、無言で二人きりで過ごすには気まずいですから、大人の対応はしたつもりです。

(でもわたしも嫌だという思いが態度に出ていたかもしれません)

1時間かけて待ち合わせ場所のコンビニに辿り着き、解散しました。

帰宅後、どっと疲れが出ました。すぐに部屋着に着替え、ベッドの中で仰向けになり、その日の午後は、ただただ天井を眺めるだけでした。

そして改めてSさんのことを考えます。といっても、もうわたしの中では答えが出ているんです。

「Sさんとはもう会いたくない」

正直、Sさんといると、落ち着かないんですよ。

いつも急かされている感じがして、なんというか、常に緊張感を持たなくては、という気持ちになってしまうんですよね。

会社でも緊張感を持つじゃないですか。気を張るというか。

でもそれは、仕事に対する緊張感で、責任だったり、周囲の人との調和を保つためのものであって、みんな仕事している以上、緊張感は持っていると思うんですよね。

だから家に帰ったとき、その緊張感がなくなり、ホッとできるんじゃないかと。

でもそれと似たような緊張感を、プライベート(休日)でも味わうとなると、心が全然休まらないですよね。休日くらい、心を休めたいですよ。

または同じ緊張感という意味では、ドキドキという恋心恋愛感情であれば大歓迎なんですけどね。

わたしの考える恋愛とは

ちなみに、わたしは子どものころ、大人は恋愛しないものだと思っていました。

ドキドキという恋愛感情は、子どもや結婚適齢期(20代)だけの特権であって、大人がそんな気持ちを持つことはないし、持ってはいけないものだと?思っていましたね。

まぁ自分の親世代を見てれば、アラフォーにもなれば結婚して、子どもがいて当然ですから。

だから恋愛感情は持ってはいけない、とチャイルド実歩(わたし)は思っていたのです。

でも実際自分がアラフォーになって思うことは、

恋愛はいくつになってもしていいんじゃないかと。

30代はもちろん、40代、50代、60代、70代、80代、いくつになっても恋愛はしていいですし(既婚者は別ですよ!)

人を好きになるって気持ちって、ある意味、奇跡だと思います。

だって長年婚活しても、なかなか好きって気持ちを持てる異性がどんどん減ってきてるわけじゃないですか。(年齢とともに独身男性も減りますしね)

そんな中、この人素敵!この人を好き!って気持ちが持てるのは、本当に希少なこと。

だからこそ、そんな相手と出会えたことに感謝して、その好きって気持ちを大切にしたいと思うんです。

話は脱線しましたが、Sさんには恋愛感情どころか、一緒にいて居心地の悪さばかりを感じてしまうのです。

条件で人を選び、自分に負担がかかるなら結婚しない?

Sさんと一緒にいてもつらいと感じていても、彼に関係を終わりにしたいと言い出す勇気がありません。

理由は明確です。

こんな条件いい人手放すのはもったいないからです。

恥ずかしい話ですが、アラフォーにもなると、恋愛感情より、条件を重視してしまうんですよね。

それは外見がいいとかではなくて(まぁ外見いいに越したことはないですが)、

経済面、住む場所、親との同居など、今後の生活にどれだけ自分に負担がかかるのかを無意識に考えてしまうのです。

そういったことを考えると、Sさんは(会社員(安定企業)、わたしの隣町に住んでいる、次男のため、親との同居無し)最高の条件なんです。

人を条件だけで見るって、失礼なことは重々承知しています。

けれど、本音を言えば、自分に負担をかけてまで、結婚したくないのです(そんなこと言ってるから結婚できないんだよ!)

だっらたSさんと性格が合わなくても、条件が合うのならば、そのままお付き合いすればいいじゃんって話ですが、、

結局、答えが出ず、Sさんとの関係に終止符を打てないままです。



スポンサーリンク
レンタグル(大)広告
レンタグル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタグル(大)広告