本田健さんのセミナーに参加して学んだ「願望達成法」

私が初めて自己啓発のセミナーに参加したのは、本田健さんのセミナーでした。軽快なトークを繰り広げつつ、本質をズバッと言い切る健さんの言葉に、パラダイムシフトが起きました。

私は今でこそ自愛の実践者ですが、もとを辿れば引き寄せの法則から始まりました。引き寄せの法則があったからこそ、自愛に巡り会えました。

ですから人生はすべてつながっているんだと認め、自分が歩んできた道を肯定し、感謝して、そしてこれまで学んできた法則をお伝えしていきたいと思います。

これを読んでいるあなたの悩みに、少しでも光が差し込んだら嬉しいです。

最高の未来ではなく、悪い方の未来に意識が向いてしまう

初めて参加した本田健さんのセミナーは、「決めた未来 願望達成法-実践編-」というものでした。

「最高の未来を決めることで未来からエネルギーを引き込み、まるであらかじめ用意されていたかのように願望を達成していく方法」をテーマに、具体的な実践法を学び自分の中に落とし込んでいくという内容です。

その中でも最初に気になったのが、“意識の向け方”です。

人は意識していないと、悪い方ばかりみてしまうクセがあるそうです。これは自分が発言している話の内容を認識すると、いかに望まない未来へ向かおうとしているのかがわかります。

悩みを口に出すことでわかることがある

わかりやすく具体例を出しますね。ある女性が結婚について悩んでて、相談する場面です。

「私の夢は結婚することです。結婚した時のことを想像するとワクワクします。
でも今彼氏もいないし、どうやって理想の相手を見つけるのか方法もわかりません。
私はもうアラフォーなので、もし結婚相手を見つけられなかったら一生独身かも。
独身のまま老後を迎えるなんて絶対に嫌です。ですが本当に夢が叶うか心配になります。
この不安な気持ち、どうしたらいいでしょう?」

この質問、結婚のことはともかく、夢が叶うか心配・不安な気持ちでどうしようという部分に共感しませんか?

叶えたい夢があって、でも本当に叶うか心配で、この不安な気持ちどうしたらいいかわからない、と思っている人は多いはず。

一見、だれもが共感するこの質問。ですが実はこの質問こそが悪い方しか見てない証拠なのです。

まさかの、私の夢は叶いません!宣言?

この質問は、裏を返せばこう言っているのです。

「私は結婚できません。一生独身のまま、老後を迎えます」

え?と思いませんか?

彼女にとって望む最高の未来は、結婚することです。さっきの相談でも言ってますよね。

>私の夢は結婚することです。結婚した時のことを想像するとワクワクします。

ワクワクすることはとても良いことです。その気持ちはずっと保っていて欲しいです。
ですが、そのあとの発言をよく見てください。

>でも今彼氏もいないし、どうやって理想の相手を見つけるのか方法もわかりません。私はもうアラフォーなので、もし結婚相手を見つけられなかったら一生独身かも。独身のまま老後を迎えるなんて絶対に嫌です。

この発言は、望まない最悪の未来を想像して喋っています。“独身のまま老後を迎える”悪い未来をイメージしながら、そんな未来は嫌だと言葉では言っていても、頭の中(意識)は完全に最悪の未来に向いていますよね。

彼女の中では、結婚できなかった自分がありありとイメージできていることでしょう。そしてその自分になろうと無意識に行動し始め、本当に一生独身になってしまうのです。

意識の向け方が変われば、相談内容も変わる

もしこれが最高の未来に意識が向いていれば、女性はこう相談するはずです。

「私の夢は結婚することです。結婚して、旦那さんと子どものために美味しい手料理を作って、喜んでもらいたいんです。その夢を叶えるために、今、結婚相手を探しています。お知り合いで独身の男性がいましたら、紹介してもらえませんか?」

望む未来が明確ですね。なりたい姿をイメージしていると、自然とその姿に近づこうとします。

なのでこの場合、紹介をお願いしたり、独身男性がいる場所(に結婚相談所や婚活パーティーなど)に足を運んだり、または引き寄せたり、最高に未来に向けて行動していきます。

意識を向けた方の未来が実現する

人は、意識を向けた方の未来へ近づこうと行動します。なので良い未来を想像すればそれにふさわしい自分となる行動を、悪い未来を想像すればダメな自分になるような行動を、無意識にそうなる行動をしていくそうです。

ですから自分が意識を向けているのがどちらなのか、確認してみるのもいいかもしれません。

普段、あなたが何気なく発している言葉はどちらですか?

「こんな未来、嫌だ」(悪い未来をイメージ)
「こういう未来になりたい」(良い未来をイメージ)

自分の言葉をよく聴くと、どちらを意識しているかがよくわかります。
そして、意識をした方の未来へ近づいて行こうとします。

どちらの未来を選択するか、それはあなたの“意識の向け方”しだいです。

どうせなら、輝く最高の未来を選びませんか?




スポンサーリンク
レンタグル(大)広告
レンタグル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタグル(大)広告