自愛効果?!彼と偶然再会しました!!

自愛を始めて3ヶ月が経ったころ、偶然彼に会いました。

まさかのことに、本当に驚きました。

 突然彼がわたしの視界に

復縁のために自愛をすると開き直ってから3ヶ月間。正直、自愛を意識して過ごすことの方が少なかったです。

ときどき思い出しては自分を大切にして、また忘れてしまう日々。

そんなある時、「彼のことを忘れて、自分を大切にしよう」と思ったのです。

3ヶ月間、彼との関係に進展がなく、少し疲れてしまったのかもしれません。

その日は休日でした。デパートに買い物に行こうと道を歩いている途中のことです。ふと、車道を挟んだ反対側の歩道に目をやりました。

すると、その反対側の歩道を彼が歩いていたのです。

突然のことに、え?!と驚きました。彼だ、彼がいる・・!

 目が合うふたり、そして彼は、、

彼はスマホを見ながら歩いていました。わたしにはまだ気づいてない様子。

どうしよう、彼の元へ行こうか考えていたその時、彼が顔を上げました。そして、こちらを見たのです。

お互い目が合いました。

わたしも彼も、動きが止まりました。

その時の心臓の鼓動は半端なかったです。胸が痛いくらい、ドキドキしました。

手を振ろうか、それとも彼の元へ駆け寄ろうか。頭の中で勝手に高速回転が始まりました。

彼も戸惑っているように見えます。どうしよう、どうすればいいんだろう・・答えが出ずに悩んでいると、彼の前に一台の車が停まりました。

そして、彼はその車に乗って、去っていきました。

一瞬の出来事に、わたしは茫然としました。

 嬉しくて、行動を振り返る

彼に会えた・・

嬉しさと、戸惑いと、なにもできなかったことで、複雑な気持ちになりました。

彼に会えたとはいえ、結局なにも出来ずじまいでした。それがよかったのかどうかはわかりません。

けれど、彼に会えた喜びは、あとからジワジワきました。

やっぱり彼に会えると嬉しいものですね。

会えたといっても、会話したわけではありません。

ただ見かけただけですが、それでも3ヶ月も連絡がとれなかったので、彼の顔を見れたことは本当に嬉しかったです。

どうして会えたのかな。ふと考えました。

もしかしたらわたしの行動が、彼を引き寄せた(もしくはわたしが彼に近づいた)のかもしれません。

ならばと、当日の行動と心情を分析してみました。

すると、わかったことがありました。

 完全に彼を忘れていた

・休日だけど、オシャレして買い物に行った(いつも休日は手抜きだけど、オシャレしたい気分だったから)

・外出前、掃除機をかけて部屋をきれいにした(帰宅してからも、気持ちよく過ごせるように)

・カフェで高めのドリンクを注文した(いつもは安いものだけど、自分が本当に飲みたいものを注文してみた)

・カフェでお茶してる最中、眩しいのでブラインドを下げてほしいと店員さんにお願いした(短い滞在時間でも、気持ちよく過ごしたかったから)

彼のことは、完全に忘れていた

書き出して改めてわかったのは、すべて自分が気持ちよく過ごすために行動していたということです。

わたしが気持ちよく過ごせるために、わたしがわたしのために行動していたのです。

決して彼のためではありません。むしろ、偶然会うまでは、彼のことは完全に忘れていました。

彼のことを忘れ去って、わたしがわたしのことを大事に扱ったら、偶然彼と会えたのです。

これぞまさに復縁体験談でいう、「自愛をしていたら彼と会えました」現象でしょうか?

 タイミングって大事

彼と会えたのは、ただの偶然かもしれません。

ですが、わたしがあと1分家を出るのが遅かったら、彼とは会えなかったです。

わたしと彼のタイミングが合ったからこそ、会えたのだと思います。

逆に、掃除機をかけずにもっと早く家を出ていた場合。彼とはタイミングが合わず、完全に会えなかったです。

わたしが気分良く過ごすために、部屋をきれいにしてから外出したことも、意味がったのかもしれません。

自愛と復縁は関係ありません。自愛はあくまで自分のためにするものです。

わかってはいても、私は復縁のために自愛をしてました。彼に会いたくて、彼のことは忘れたことはありません。

ですが、この日は完全に彼のことを忘れていました。

そして、自分のために自愛をしました。するとその途端、彼に会えたのです。

こんなことってあるのでしょうか。本当に不思議な体験でした。

 自愛は自分のため

この体験をして、自愛はやっぱり自分のためにするべきだと思いました。

自分が幸せであれば、幸せなことが引き寄せられる。

それがたとえ彼ではなくても、自分が幸せであることには変わりありませんもんね。

自愛の意味を、少しわかったような気がしました。

そしてわたしが、わたしに、感謝した出来事でした。




スポンサーリンク
レンタグル(大)広告
レンタグル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタグル(大)広告