自分は気にしていても、相手は気にしていない。それって損じゃない?

人に嫌なことをされて、不快な思いをすることがあります。

でも嫌なことをした相手は、わたしのことを気にしていません。

それって、気にするわたしが損をしてると思うんですよね。

嫌なことを忘れるなんて無理

人に嫌なことをされたり、言われたりして、不快な思いをすることって誰にでもあると思います。

・なんでこんなことするの?
・そんな言い方しなくたっていいじゃん!
・ムカツクー!キーッ!!<`ヘ´>

わたしは一度気になってしまうと、わりと引きずってしまうタイプです。

嫌なことをしてきた相手がたとえ知らない人(通りすがりの人)でも気にして引きずります。

知っている人だろうと、知らない人だろうと、そこはあまり関係ありません。相手がどんな思いでしたのか、言ったのかわからないことを、延々と考えてしまいます。

でもそれって、気にしているのはわたしだけで、相手は全く気にしてないんですよね。

相手はわたしが嫌な思いをしていることを知りません。わたしだけが嫌な思いをして、相手は気にせずのほほんと過ごしているかもしれません。

そもそも、相手は悪いことをしている・言っていると意識はしていません。(意図的に嫌がらせをする場合は別として)

なに気ない相手の言動に、わたしが傷つき、気にしているのです。

わたしが気にしていても、相手は全く気にしていません。

それって、すごく悔しいです!!

自分勝手な人に腹が立つ

たとえば、朝の通勤での出来事です。バス停で、順番待ちをしている時のことでした。列に並んで、バスに乗るときに、突然割り込んで入ってきた人がいます。

その瞬間「ちょっと!!」と苛立ちました。そして割り込んできた人が椅子に座って、わたしが立つことになって、余計に腹が立ちました。

その日の午前中は、ずっと割り込んできた人に対してイライラしていました。

みんな順番を守って長蛇の列に並んでいるのに、順番を守らないことに怒り心頭。そのせいで椅子に座れなかったことへの恨み。苛立ちと悔しさで、ずっとイライラしていました。

けれど割り込みしてきた人は、きっとなにも気にしていないでしょう。もしかしたら割り込んだことに多少は気にしているかもしれません。

ですが、バスの椅子に座れたことをラッキーとも思っているかもしれません。

いっぽうのわたしは、腹が立っています。悔しくてイライラしています。

なんならその日ずっと、割り込まれたことを思い出してはイライラしてます。気分はちっともよくありません。

でも割り込んできた人は、わたしの思いを全く知りません。わたしが勝手に気にしてイライラしているだけです。

わたしがどんなにイライラしても、悔しい思いをしても、割り込んだ人は気にしてはくれません。

むしろ笑っているかもしれません。わたしだけが気にして、嫌なことをした人は全く気にしないのです。

そう思ったら、ものすごーーーく、悔しいです!

わたしだけ気にして、損した気分になります!

だからそんなヤツのことは、気にしたくないのです!!

イライラを抑える方法

気にしないためには、思い出さないことが一番です。ですがわかっていても、なかなか頭から離れないものです。

なのでわたしは、一旦イライラを感じるようにします。いくら心で落ち着けと自分に言い聞かせても、そんなの無理です。

気持ちを抑えようとすればするほど、逆にイライラが増してしまいます

他人と比べて落ち込みます。でもこれはあなたの人生です「THIS IS YOUR LIFE」

悔しいけど、一旦イライラを感じて、それから意識をしないように、別のことに集中します。

職場にいれば仕事に集中します。それでも思い出すならば、だれかに聞いてもらうこともあります。悔しい気持ちを吐き出すことで、多少は心が落ち着くものです。

家にいる場合、家事をしたり、あとは本やネットを見て気を紛らわせます。それだって思い出してしまうことはあります。そんなときは、ふて寝します。昼寝をして、目を覚ませば、意外とスッキリすることがあります。

とにかく思い出さないことを第一にします。ですが正直言って、それが一番難しいんですよね。。

最後は結局・・

「気にした方が負け!」

そう自分に言い聞かせて、食べて寝ます。

いやホント、気にするだけ損だと思います。わたしが気にしている間、嫌な人が幸せそうに笑っていたら悔しいじゃないですか。

そう思うのは、わたしだけかもしれませんが、、

まだまだ未熟で、狭い心のわたしです。ですが、いつか大きな心で、ちっぽけなことなんか気にしない寛大な女性になりたいです。

そうなるためにも、他人を気にするよりも、自分のことを気にしてあげなきゃですよね。

ふぅ~、かんばろっと。



スポンサーリンク
レンタグル(大)広告
レンタグル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタグル(大)広告