ガスの火がつかない時の対処方法

「鍋に火をかけようとしたところ、火がつかない。どうしよう・・」
ある日突然、ガスの火がつかなくなることがあります。私はこれを何度も経験しています。初めのうちはなにをどうしていいかわからず、パニックになりましたね。しかし経験を積むごとに心に余裕ができ、今では「またか」くらいの感覚ですぐに対処できます。

一人暮らしをしていて突然のトラブルに遭遇すると、だれでも不安になります。特にガスは、専門知識がないため動揺してしまいますよね。ガス漏れしてるのではないか、火災になったらどうしよう、など、不安が次から次へと湧き上がってきます。その不安を少しでも解消できればと思い、ガスの火がつかない時の対処法をご紹介しますね。

まずはガス台の確認

火がつかなくなって、最初に確認してほしいことは、ガス台とガス栓です。
・バーナーキャップがずれていませんか?(ガスコンロの中央部分に取り付いているのがバーナーキャップです。これがちゃんとセットされていないと火はつきません)
・ガス台の電池切れはしていませんか?
・ガス栓は開いていますか?
これらのことを確認してください。

特にバーナーキャップには注意が必要です。正しい向きにセットしないと火がつかなくなります。それと濡れている場合も火がつきません。どういうことかといいますと、鍋に火をかけていて、気づいたらお湯が吹きこぼれていた、なんてことありますよね。するとガスコンロに安全装置がついていれば、吹きこぼれたお湯でバーナーキャップが濡れます。そして濡れたことに反応して危険と察知、自動的に火が消える仕組みになっています。

ガスメーターの確認

ガス台やガス栓を確認しても問題はない。となれば、次はガスメーターの確認です。一般的なアパートでは、玄関扉を開けて外に出て、すぐ隣にガスメーターが設置されていることが多いです。メーターがむき出しになっているケースと、扉に入っているケースがあります。

手前の茶色の扉にガスメーターが入っています。
扉に入っている場合、あなたの部屋のガスメーターが入っている扉なら開けても問題はありません。(人の部屋の扉は勝手に開けないようにしてくださいね)開けてもらったら、ガスメーターの表示を確認してください。

写真ではちょっとわかりにくいですが、画面にガスがつかない理由がアルファベットで表示されます。「消し忘れ・微少もれ・警報機他」などが選択されて表示されます。

どれも危険に感じますよね。私は心配だったのでガス会社に確認したところ、どの項目が表示されても、とりあえず一度「復帰ボタン」を押してくださいとのことでした。画面下にあるボタンが復帰ボタンです。

ここを押すと(場合によっては長押しもあり)エラー表示が消えます。そして再度ガスをつけると、火がつきます。これで無事解決です。表示項目はガス会社により違いがあります。また不安な場合はガス会社に連絡して、指示を仰いでから行動してみてもいいと思います。

最後はやっぱりプロにおまかせ

復帰ボタンを押してエラー表示が消えれば問題はありません。しかし、いくらボタンを押してもまたエラー表示が出る場合があります。そうなった時は、もうガス会社にお任せしましょう。ガス会社に電話連絡して、プロにお任せしたほうが間違いないでしょう。だって専門知識のない私たちにはどうしようもできないですもんね。

そのためにも、ガス会社の連絡先を調べておくといいですよ。たいていはガスコンロ付近の流し台と、ガスメーター付近のどちらかに連絡先が書かれています。連絡先が印字されたステッカーなどが貼ってあることが多いですね。なので調べるというよりか、連絡先がどこに貼られているかを確認、といった方が正しいかもしれません。

トラブルは突然やってきます。パニックになると、心に余裕がなくなるんですよね。そんな時は一度大きく深呼吸をしてみてください。私も実践しているのですが、気休めでも若干心が落ち着きますよ。



スポンサーリンク
レンタグル(大)広告
レンタグル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタグル(大)広告