サザエさんから学ぶ買い物の仕方

スーパーに買い物に行くと、ついあれもこれもと買ってしまいませんか?私はよくしてました。10個パックの卵が安い!お得!と思って買っても、一人では食べきれず賞味期限が切れたり、マヨネーズが特売になってて、買って帰ったら、先週も買ってて使ってないマヨの存在に気づいたり・・。無駄な出費ばかり増やしていました。

このままではエンゲル係数が高くなってしまうので、どうにかしようと対策を考えました。ちょうどその時、「サザエさん」をテレビを何気なく観ていました。

そこで気づきました。「そうか!サザエさんの真似をすればいいんだ!」と。よくよく思い浮かべてみると、サザエさんは買い物をするとき、ある3つの行動をしていました。当たり前のことですが、私にはそれができてなかったのです。そしてその当たり前の行動を真似したところ、無駄な買い物が大幅に減りました。

1.冷蔵庫の在庫チェック

では具体的にどのような行動か、まず始めは冷蔵庫の確認です。サザエさんはよく冷蔵庫に何が入っているか見てますよね。今ある食材の確認です。在庫を把握しておくことで、二重に買ってしまうことを防ぐことができます。また冷蔵庫以外にも、調味料なども確認しておくといいですね。サザエさんは、三河屋のサブちゃんが注文をとりに来たとき、スラスラ言えますよね。日ごろから在庫を把握しているんだなぁと、思わず感心しました。

2.買うものを決めてメモをする

在庫の確認が終わったら、次は献立を決めます。冷蔵庫の残りの食材と、これから作るメニューを組み合わせて、必要食材をメモしていきます。サザエさんのお馴染みのシーンですよね。今夜はなに作ろうか考えて、茶の間で買うものを紙に書いているところ。言わば「買い物リスト」の作成ですね。

そしてこの「買い物リスト」こそが最も重要です。このメモのお陰で、2つの恩恵を受けました。

1つ目は、余計なものを買わなくなったこと。書き出されたリストのもの以外、突発的に他のものを買うことがかなり少なくなりました。というのも、衝動買いしたくなるとき、「この食材はなにに使うの?」と考えるようになったからです。献立を決めて買い物に行っているわけですから、献立に使わないものを買っても、使い道がないですからね。買いたい気持ちを抑えられるようになりました。

2つ目は、買い物時間が短くなったこと。買うものが決まっていますから、目的のものをパッパとカゴに入れるので、必要のないコーナーに立ち寄ることがなくなりました。これは試してもらえればわかりますが、特に急いでいる時はリスト以外のものは目に入らなくなり、あっという間に買い物が終わります。私はスーパーの滞在時間が10分もかからず帰ったこともありますよ。

ちなみに買い物リストは手書きでなくても、スマホのアプリを活用してもいいですね。私はスマホの文字入力があり得ないほど遅いので、いつも手書きにしているだけです・・。

3.空腹時はなるべく避けよう

最後は、買いのもに行く時間帯です。サザエさんは、夕飯直前に買い物に行くなんてことありませんよね。(たまにありますがw)お昼過ぎや夕方に買い物に行ってます。これって大切なことなんですよね。空腹で買い物に行くと、今すぐなにか食べたい衝動にかられ、ついお弁当やお惣菜、パンやお菓子などを買ってしまいます。私もよくやるんですけどね。ですが、満腹とまではいかなくても、お腹が空いてなければお弁当を見ても、今すぐ食べたいと思わないじゃないですか。なのでなるべく空腹ではないときに買い物に行きましょう。

とは言っても、仕事帰りのお腹ペコペコ状態で行く場合もありますよね。そんなとき、私はお菓子を少し食べてから買い物に行きます。(職場でのいただきものが多いんです)少しでも空腹を和らげて買い物に行けば、衝動買いを抑えることができますよ。ただ無理はしないでくださいね。どうしても食べたかったら買ってもいいと思います。たまにはね(笑)

私は今まで、自分の記憶だけを頼りに買い物をしていました。ですが記憶なんて曖昧ですよね。サザエさんのように、在庫確認・紙に書き出しという、当たり前の行為こそが、無駄を省くのだと実感しました。それに気づかせてくれたサザエさんに感謝します。ありがとうございます。・・って、なんのこっちゃ(笑)



スポンサーリンク
レンタグル(大)広告
レンタグル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタグル(大)広告