窓にプチプチを貼って、寒さ対策

日に日に寒さが増してきましたね。アパートの朝晩の冷え込みはつらいものです。アパートの部屋が冷える原因はご存知ですか?大きな原因のひとつとして、窓から熱が逃げてしまうことです。特に冬場は、約50%の熱が窓から逃げてしまうそうです。窓から熱が逃げてしまうと、窓ガラスが冷やされます。この冷やされた窓ガラスの表面にできるのが結露です。

窓から部屋の熱が逃げて、窓ガラスが冷やされて、結露ができる。ということは、窓ガラスが結露でびしょ濡れのときは、相当部屋が寒いということです。そう考えると、あまり結露を見たくないですよね。見ると余計に寒さを感じてしまいそう・・。

断熱シートで熱を逃がさない

寒さの原因が窓から熱が逃げてしまうのならば、熱が逃げるのを防ぐことで、部屋を暖かく保つことができますよね。ではどうやって防ぐのか。それはやはりお馴染みの100均様です。100均で販売しているプチプチシートがあります。引越しなどで食器が割れないように梱包するあのプチプチです。そのプチプチを窓枠の大きさに合わせて切ります。そして窓に貼り付けます。

(わかりにくいけど、窓にプチプチ貼ってます)

透明なので、多少不格好でもさほど気にならないでしょう。もし気になる方がいましたら、ホームセンターに窓断熱専用シートがあります。かわいい柄模様だったり、薄いのに保温力が高いフィルム素材のものなど、あなたの好みのシートが見つかると思いますよ。ぜひそちらで購入してくださいね。

ウォームスカートで部屋のどこにいても暖かい

窓対策がバッチリできたからといっても、まだまだ寒いのは事実です。暖房をつければ暖かいですが、高い温度設定をしてしまうと電気代がかかりますよね。少しでも節電したいのなら、部屋着で体を温めて、暖房を極力使わない、または温度を低めにすることで電気代を抑えることができます。

ではどのように体を温めるのか。私がおすすめするのは、下半身を重点的に温めることです。

これは実際の私の部屋着です。

(色気がなくてスミマセンw)

モコモコ靴下に裏起毛のルームパンツ、裏地フリースのウォームスカートと、雪国に住んでるのかと思うかもしれませんが、私は平野部に住んでいます。しかしどこに住んでいようが、寒いものは寒いのです。

見た目はともかく、機能性は抜群です。特におすすめがウォームスカート。部屋の中でも立ったり座ったりするじゃないですか。ひざ掛けで下半身を温めていても、立てばひざ掛けを外して、また座ったときにひざ掛けを足の上に置く。でも腰ウォームスカートなら、立とうが座ろうが、ずっと腰に巻き付いているので温かい。料理するにも、少し長い時間キッチンに立っていても温かい。そしてエプロン代わりになる。表面がダウン素材になっているので、水に濡れてもはじいてくれるんですよ。

とまぁ、ウォームスカートの活躍ぶりをわかっていただけたら嬉しいです。私はオシャレにこだわっていませんが、もっと可愛らしいデザイン柄のものを選べば、気分も上がりますよね。

節電のための部屋着ですが、寒いときは無理せず暖房をつけてくださいね。寒さを我慢して風邪をひいてしまったら本末転倒。できる範囲で節電をして、元気に生活することが一番の願いです。



スポンサーリンク
レンタグル(大)広告
レンタグル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタグル(大)広告