食器3枚、コップ2個で生活できます

一人暮らしを始めるときって、ワクワクしますよね。特に女性なら、これからお料理をがんばろう、とか。それで色々な種類の食器を揃えたり、さらにお客様用のお皿・お椀・コップ・お箸などを買い足して、どんどん物が増えていきます。かつての私がそうでした。

一人暮らし部屋のキッチンはとても狭いです。ということは、収納棚のスペースも狭いです。その狭い棚に、あれもこれもと食器を置いて、他にも鍋やフライパン、調理器具を置こうとしても、とてもじゃないけど入りきりらないんですよ。それでキッチンにすでに備え付けられた棚がいっぱいなら、ホームセンターなどで食器棚を買って置けばいいのではと考え、実際に購入しました。収納スペースが増えたというメリットができましたが、デメリットとして身動きするスペースが狭くなりました。

収納を増やすのではなく、食器を減らす

そこで考えました。なにをどうすれば限られた収納棚とキッチンのスペースを広く使えるのか、と。そして導き出した答えが「食器を最小限にする」ことです。

もっと具体的にいいますと、
・食器 大・中・小 各1枚
・ガラスコップ    1個
・マグカップ     1個

これだけの食器に絞るのです。え、これだけ?と思うかもしれませんが、ひとり分の食事ならこの数で十分です。

社会人の日常生活に合った食器選び

社会人の方ならお分かりだと思いますが、社会人の平日は淡々としています。朝起きて、朝食食べて、会社に出勤。昼食は、社食やお弁当、または外食。夜は自炊して夕飯、または外食して、翌日に備えて寝る。おそらく、ほとんどの人がこの繰り返しですよね。仕事で疲れていると、自炊するにしても、自分ひとりだと簡単なもので済ませませんか?(料理が好きで、毎日凝った料理をする人はひとまず横に置いときます。ごめんなさい)

で、もう一度こちらをご覧下さい。

この食器の数で十分だと思いませんか?

大きいお皿にメインの料理を入れて、中くらいのお皿に副菜、小の器にごはんをよそる。ちなみにこの小の器ですが、お茶碗に替えても全然OK。むしろ替えた方がいいかもしれません。(私がお茶碗割ってしまって、今代替えで使用しているだけなので)

とここで、じゃあ味噌汁はどうやって飲むの?と思うかもしれませんね。実は私があまり味噌汁を飲まない人なので、必要ないんですよ。思いっきり言い訳ですが、味噌汁ひとり分を作るより、インスタントで飲んだ方が時間も手間もかからないのでラクなんですよね。で、その時使用するのがマグカップです。マグカップにインスタントの味噌汁を入れて、お湯を注いですぐ飲める、すごくラクです。ですがきちんと味噌汁を作って飲む方は、ぜひともお椀を付け足してくださいね。
(社会人は割とインスタントの方が多いかな?個人的な意見です)

来客用は、料理の出し方によって変わります

自分ひとりの食器は3枚で十分ですが、恋人や友人が部屋を訪れた場合、さすがに3枚では足りないですよね。そこで普段の料理の出し方を思い出してください。自宅で食事をするとき、恋人や友人とシェアして食べる方が多いか、それとも自分の分は自分として食べているのか、ということを。

例えば私の場合、麻婆豆腐を作ったら大皿に乗せて、サラダも大皿に乗せます。そして各自で中皿に取って、シェアして食事することが多いです。その場合、大皿2枚と中皿2枚が必要です(二人分として)。でも一人ずつ分量を決めて、麻婆豆腐もサラダも中皿に分けて出した場合、大皿は不要ですよね。

もちろんこれがすべてではないですが、自分がどんな料理の出し方をするか考えると、必要な食器の大きさや枚数がわかってくるかなと。普段は小皿にわけて出していても、大皿を必要とするときだってありますしね。あとは頻繁に部屋を訪れる人の数によっても枚数は変わってきます。となると、来客用は人それぞれ、あなたが必要とする食器を準備してくださいね。

最後に、だれもお客さんなんて来ないー!っていう人は、食器3枚、コップ1個、マグカップ1個だけで試しに生活してみてください。今まで買い揃えた使ってない食器が邪魔に思えるかもしれませんよ。マジで(笑)



スポンサーリンク
レンタグル(大)広告
レンタグル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタグル(大)広告