場所を取らない縦型電気ストーブがおすすめ

朝起きた時、寒さを感じるようになりましたね。そろそろ冬支度をしようかなと考えていませんか?もし暖房器具の購入を検討しているのならおすすめしたいのもがあります。それは「縦型電気ストーブ」です。この“縦型”がポイントです。なぜ縦型なのか、結論を先にいいますと、場所を取らないからです。

部屋と収納を広く使おう

一人暮らしの部屋はただでさえ狭いのに、暖房器具を置いたらさらに狭く感じます。できるだけ部屋を広く使いたいからどこに置こうか考えて場所を決めますが、結局いつも自分が座っている定位置のすぐ側だったりしますね。そして真冬の間活躍した暖房器具も、暖かい春を迎えれば今度はクローゼットに収納します。ここでも置き場所を確保しなければなりません。

部屋もクローゼットも広く使いたい、それを実現させてくれるのがスリムな縦型電気ストーブです。こちらは私が実際に使用しているストーブです。

はい、スリムな縦型ですね。
扇風機と比べるとこんな感じです。

はい、やっぱりスリム(笑)

クローゼットの中に入れても、扇風機より全然場所を取りません。部屋に置いてもすっきりスリム。部屋全体が狭くなったと感じません。

持ち運びも簡単で、後ろについてる取っ手でどこにでも移動することができます。しかもとっても軽く、片手で余裕です。女性には嬉しいですよね。

電気ストーブのメリットは他にもあります。それはすぐに暖まること。スイッチひとつですぐ電気がつきます。昔のコタツみたいな感じですね。エアコンをつけてもすぐに部屋は暖まらないですが、電気ストーブは2秒で暖まります。

凍えそうな寒い真冬に帰宅したとき、一番にエアコンをつけますよね。そして部屋が暖まるまでじっと待つ。待っている時間って長く感じないですか?部屋着に着替えたいけど寒くて着替えられないし、ただ部屋が暖まるのを待つ。でもそんな時、すぐにつく電気ストーブがあれば一瞬にして暖めてくれます。スイッチひとつですぐに電気がつき、エアコンが効くのを待たずして暖かいストーブの前で着替えができることができます。これには本当に感激します。一瞬で電気がつき体を暖めてくれるストーブに、ありがとうと何度感謝したことか。

もちろんこれひとつで部屋全体が暖まるわけではありません。ストーブの前に座れば暖かいですが、離れれば暖かさは感じません。なのでエアコンで部屋が暖まるまでの応急処置として捉えてもらえるといいかもしれません。ただ、これは個人的な意見ですが、オレンジ色の電気を見ていると、なんとなく部屋全体も暖かく感じてくるんですよね。暖色系って、暖かみを感じるというじゃないですか。気のせいかもしれませんが、思いこみも大事にすれば寒さをしのげるかもしれませんね(笑)

暖かみのある暖色

暗くした方がわかりやすい?

安心して使える電気ストーブ

そして最後に、安全面の機能について。縦型のため、倒れる可能性が高いです。地震だったり、体が当たって倒してしまったり。でもご安心ください。万が一倒れてしまった場合、電気が自動的に消える仕組みになっています。倒れなくても、少しでも斜めにしただけで電気が消えてしまいます。すごく優秀ですよね。これでしたら火災の心配もありません。

自動的に灯りが消えます

私が使用しているものは、300Wと600Wの二つのワット数に切り替えることができます。300Wでも十分暖かいです。電気ストーブは電気代がかかるイメージがあるかもしれませんが、300Wの使用ならコタツの電気代より安い場合もあります。(ちなみに上の灯りがついている写真は300W。600Wにすればもっと明るく暖かいです)

エアコンほど部屋全体は暖まらないけれど、スイッチひとつですぐに目の前が暖まる電気ストーブ。外の風が冷たく、仕事で疲れて帰宅したときに、ぜひこの暖かさを体感してほしいです。身も心もほっこりしますよ。



スポンサーリンク
レンタグル(大)広告
レンタグル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタグル(大)広告