女性一人暮らしの困ったあるあるを解決します

一人暮らしの女性で、困ったあるある話。
その1、高いところが届かない。
その2、洗濯物を外に干せない。

これには共感できる女性が多いのではないでしょうか。キッチンの高い戸棚にものを収納したいのに届かない。部屋の電気が切れたけど、天井まで手が届くはずがない。日中は学校や仕事で家にいないから、洗濯物をベランダに干しておけない。家にいても下着は絶対外に干せない、などなど、女性が一人暮らしの困ったことランキング上位に入るはずです。(勝手に)

その困ったことを解消すべく、私が実際に使用しているものを2つご紹介します。誰もが見たことがあるものですが、あえてご紹介します。この2つの共通点は【場所を取らない】です。一人暮らしの部屋は狭いです。ものが増えれば部屋はもっと狭くなります。だから場所を取らないものを選んで欲しいという思いでこちらのアイテムを掲載していきますね。

折りたたみ式踏み台

高いところでもこれひとつで手が届く、折りたたみ式踏み台です。

こちらは名前の通り、折りたたむことができます。折りたたんで幅が薄くなれば、クローゼットに収納しても場所を取りません。上の部分に取っ手もついているので、持ち運び簡単です。

私がこの踏み台を使用するケースは、主にキッチン上の戸棚を開ける時です。キッチン上の戸棚って、なんでこんなに高いのでしょう?女性仕様になってない気がしますが、それでも大切な収納場所ですから有効活用しないともったいないですよね。

次に使用するのは蛍光灯の交換。部屋、トイレ、キッチン、お風呂場、玄関。長年住めば、どこかしら切れますよね。あとは、ブレーカーが落ちたときも踏み台は役立ちます。ブレーカーも高い位置にありますよね。まぁ落ちることは滅多にないですが、万が一のときは強い味方になります。

室内洗濯物干し

洗濯物干しの定番、室内洗濯物干しバンドです。こちらは使用されている方が多いかもしれませんね。折りたたんで壁にかけておけば、壁と同化します(笑)多少高さがあってもスッキリしていますので全然気にならないですよね。クローゼットの中にも収納できる薄さですので、部屋を広く使いたい方は中に入れるといいですね。

そしてバンドの足元をご覧いただくと、茶色になっていますよね。これは椅子のカバーです。100円ショップで購入しました。このカバーをつけておくと床に傷がつかないのでおすすめですよ。もちろんバンドの足元はゴムで保護されていますので傷はつきにくいですが、意外と床に白っぽいスジが入ってしまうことがあるんですよね。引きずった跡と言えばイメージしやすいでしょうか。なので布のカバーをつけて傷防止をしておくとキレイな床が保てますよ。

それとこちらのバンド「室内」とされていますが、私はベランダでも使用しています。天気のいい休みの日ぐらい外に干したいじゃないですか。ベランダの構造にもよりますが、ベランダがコンクリートになっている場合、外からベランダの内側が見えないのならバンドを外に出しても問題ありません。ただし2階以上であれば。1階だと通行人から見えてしまう可能性ありですね。

見えないタイプのベランダ。

丸見えタイプのベランダ。

柵で作られたベランダは2階以上でも丸見えなので、タオルやニットなら問題ありませんが、下着類は外に干さず、室内に干した方がいいですね。

折りたたみ式踏み台も室内洗濯物干しバンドも、ホームセンターで1,000円程で購入しました。ネットやホームセンターで購入しても安価なものですし、しかも【場所を取らない】。女性の一人暮らしには大活躍すること間違いなしです。



スポンサーリンク
レンタグル(大)広告
レンタグル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタグル(大)広告