引越し当日に持参すると役立つもの

入居当日は、本当に忙しいです。不動産屋さんに鍵を受け取りに行き、引越し業者さんが荷物を運んできてくれるので家具の配置などを指示し、その間に電気屋さん、ガス屋さんが使用可能にするための作業を始め、頻繁に部屋と外を出入りします。そして時には新聞屋さんが新規顧客獲得とばかりに玄関前に待機されて、その対応もしなければならない・・もうとにかく大変です。

一人になってからは部屋に運ばれた衣類や食器などを整理し、気がつけばあっという間に夕方になっていたなんてよくある話です。そしてその頃には気力・体力ともにヘトヘトになっているでしょう。

そんなお疲れがピークの時に、アレがない、コレが足りないなどど買い出しに行くことを考えると、それだけでダウンしそうです。できれば引越し当日は部屋から一歩も出ずに、集中して後片付けをしたいですよね。そのためにも引越し当日に、ぜひ持参してもらいたいものがあります。

用意するものはこちら
・カーテン
・トイレットペーパー 1個
・お弁当と飲み物
・ゴミ袋
・タオル&雑巾 各1枚

この5点を当日持参してください。

入居して一番にすること

不動産屋さんから鍵を受け取り、一番に部屋に入るのはあなたですよね。部屋に入ったらまず、持参したカーテンを取り付けてください。最初にカーテンを付けておくことで、外から部屋の中を見られるのを防ぐことができますし、日中の強い日差しを遮ることもできます。また夕方になって電気を点けた時も、サッとカーテンを閉めて、片付けを中断することなく黙々と続けることができます。

カーテンの取り付けを終えたら、今度はトイレットペーパーをトイレに補充してください。引越し当日は、一度部屋に入ると次々と業者さんが出入りします。そんな時でも人間生きてりゃトイレに行きますよ。でもトイレットペーパーがない、買いに行こうと思っても、はい、そうです。業者さんをほったらかしにして買い物になんて行けません。なので持参してくださいということなのです。

お弁当持参で片づけに専念

ちょっと話が前後しますが、不動産屋さんから鍵を預かり部屋に向かう途中、お弁当と飲み物を買っておくことをおすすめします。真夏の暑い時期は避けた方がよいですが、涼しい季節なら当日買って、当日中に食べれば問題ないでしょう。

引越しはとても忙しいです。お昼に外食するにも、近くにお店があれば全然構いません。しかし近くにお店がなければ、事前にお弁当やパンを買っておいて、部屋で簡単にお昼を済ませて、片付けや収納に専念した方がより早く部屋がキレイになります。

そしてそのお弁当のゴミを捨てるのにも役立つゴミ袋。ゴミ袋はお弁当を食べ終えたパックを捨てるだけではなく、段ボールに貼られたガムテープや、食器を包んでいる緩衝材など、引越しで出る不用品をすぐに捨てるのに欠かせないアイテムです。

雑巾で、汚れと涙を拭う

最後のタオル&雑巾。タオルは手拭き用として1枚用意してください。引越しは割と手が汚れるものです。きっと手を洗う回数が増えるはず。ですからハンカチやハンドタオルよりも、タオル1枚あった方が便利です。あとは雑巾。もうこれでいろんなところを拭いちゃってください。作業していると、結構汚れなどが目につくんですよね。

私の体験談ですが、洗濯機を設置して試しに水を出してみようと蛇口をひねったところ、取り付け方が悪かったのか、突然水が噴射。そして辺り一面水浸しになりました(笑)でもそんな緊急事態を救ってくれたのも雑巾です。半泣きしながら雑巾で水を拭き取っていた姿は、今ではよい思い出です。

引越しは本当に体力を使います。できれば外出せずに、部屋で片付けに集中したいですよね。今日一日部屋から出ないとなると、自ずと用意しておくものが見えくるはずです。ぜひ参考にしてみてくださいね。



スポンサーリンク
レンタグル(大)広告
レンタグル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタグル(大)広告